• 入会案内
  • お問い合わせ
  • メールマガジン
  • 日本微生物学連盟

学会案内

  1. ホーム
  2. 学会案内
  3. 表彰制度
  4. 過去の表彰歴
  5. 平成28年度 各賞の授賞

平成28年度 各賞の授賞

平成28年度 日本食品微生物学会 各賞の授賞

平成28年度日本食品微生物学会各賞の授賞を下記のとおり行いました。授賞式は第37回日本食品微生物学会学術総会会期中に行い、「研究奨励賞」および「論文賞」は会務総会終了後に、「功労賞」は学術交流会で、それぞれ山本理事長から授与されました。また「優秀発表賞」は、学術総会2日目のシンポジウムⅡ終了後に、小西学術総会長から授与されました。

【研究奨励賞】
川崎 晋氏(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)
「食中毒菌の迅速検出・定量技術開発と実用化に関する研究」
森 哲也氏(一般財団法人東京顕微鏡院)
「家畜、家禽肉における食中毒起因菌汚染と薬剤耐性状況に関する研究」
【論文賞】
「冷凍処理による鶏肉中でのカンピロバクター汚染低減効果に関する検討」
日本食品微生物学会雑誌, 第32巻3号159-166, 2015
朝倉 宏*1・山本詩織*1・橘 理人*1・吉村昌徳*1, 2・山本茂貴*3・五十君靜信*1
(*1 国立医薬品食品衛生研究所,*2日本冷凍食品検査協会関西事業所,*3東海大学)
【功労賞】
個人:工藤 泰雄氏
授賞理由:腸炎ビブリオ研究で数々の学術的成果をあげられ、世界における食中毒状況を発信されるなど食品微生物学の発展に多大な功績を残されるとともに、本学会の評議員を3期(9年間)務められ学会の発展に大きく貢献された。
団体:関東化学株式会社
授賞理由:1981年から長きにわたり賛助会員として支援いただいており、学会の発展に大きく貢献された。
【優秀発表賞】

(第36回日本食品微生物学会学術総会)

・演題番号A-12  DNAクロマトを用いた迅速・簡便な食中毒原因菌検出法の開発
Riztyan1),〇高崎一人1),峯岸恭孝2),布藤 聡1)
1)(株)ファスマック,2)(株)ニッポンジーン
・演題番号B-18  原因不明事例の患者糞便からの多殻目粘液胞子虫遺伝子の検出法
○江藤良樹1),前田詠里子1),村上光一1),丸山浩幸2),右田雄二3),世良暢之1),堀川和美1)
1)福岡県保健環境研究所,2)福岡市保健環境研究所,3)長崎県環境保健研究センター
・演題番号C-07  ベトナムで流通する香辛料の腸内細菌科菌群汚染実態と分離株の薬剤耐性
○山根諒子1),原田哲也2),井澤恭子2),河原隆二2),久米田裕子2),伊勢川裕二1) ,山本容正2)
1)武庫川女子大学),2)大阪府公衛研
・演題番号P-19  Cronobacter spp. (サカザキ菌) 検査における偽陽性菌の鑑別
○西原正晴,須藤朋子,宮本真理,石井 哲,柳平修一,鷲尾信幸
雪印メグミルク(株)
・演題番号P-40  ATP法による牛乳および発酵乳中の大腸菌群迅速検出法の検討
○高橋尚美,守屋佑佳,辻本義憲
株式会社 明治 研究本部

○は講演者

過去の表彰歴