• 入会案内
  • お問い合わせ
  • 日本微生物学連盟

学会誌・出版物

  1. ホーム
  2. 学会誌・出版物
  3. 日本食品微生物学会雑誌

2016年33巻掲載論文へのアクセス情報(トップ10)

(総説・原著・短報・技術・調査・資料、 J-STAGE公開から1年間)

巻_開始頁 記事種別 タイトル 著者 月平均
アクセス数
1 33_134 シンポ シンポジウムI 食品の微生物制御の抱える課題と検査 食中毒としての食品媒介寄生虫症:現状と検査の課題 杉山 広 158.08
2 33_001 総説 細菌(群)の日本語名称に関する考察と提案 浅尾 努, 小久保彌太, 小田俊一, 吉田信一郎, 土屋 禎, 前川幸子, 馬場 浩, 太田順司, 内田和之, 柳平修一, 京谷 均, 木村 凡 53.92
3 33_048 シンポ シンポジウムⅡ 食品の微生物制御における国際整合性と工程管理の重要性 わが国にHACCPをどのように導入していくか 梅田浩史 51.92
4 33_097 総説 ノロウイルスの流行と遺伝子型 左近直美, 駒野 淳 50.25
5 33_055 シンポ シンポジウムⅡ 食品の微生物制御における国際整合性と工程管理の重要性 わが国におけるHACCP認証の取組 湯川剛一郎 46.08
6 33_202 調査 アセプティック飲料充填機内の環境調査および分離菌株の性状解析による衛生管理状態の改善 稲津早紀子, 松永藤彦 41.75
7 33_127 シンポ シンポジウムI 食品の微生物制御の抱える課題と検査 食品の微生物試験結果の信頼性とは 森 曜子 38.92
8 33_175 総説 Yersinia感染症 林谷秀樹 37.67
9 33_107 特別講演 食品媒介性感染症の最近の動向と対応 渡邉治雄 35.34
10 33_121 シンポ シンポジウムI 食品の微生物制御の抱える課題と検査 食品からのウイルス検出法の現状と課題 上間 匡 34.25