• 入会案内
  • お問い合わせ
  • 日本微生物学連盟

総会・セミナー

学術総会

平成30年度の総会開催日程

第39回日本食品微生物学会学術総会
お礼
 平成30年9月27日(木)・ 28日(金)の両日、大阪市立大学にて開催いたしました第39回日本食品微生物学会学術総会にご来場いただきました参加者の皆様、協賛やランチョンセミナーの開催あるいは企業展示と広告掲載そして飲料提供などを通じて大会を支援くださいました企業・団体の皆様に心より感謝申し上げます。
 展示・ポスター会場のスペースを確保するために体育館を使用しましたが、初日は想定以上の多数の参加を得て、その熱気に館内が大変暑くなりました。誠に申し訳ございませんでした。ここに衷心よりお詫び申し上げます。
 企業展示の方々やスタッフを含めますと700名を超える多数の方々に参加いただき、口頭発表65題、ポスター発表50題、計115題もの一般演題について活発な発表と討論が行われました。おかげさまで学会としては盛会裏に終了することができたと思っております。心からお礼申し上げます。今回も、厳正な審査により、優れた口頭発表3題とポスター発表2題を選び、それぞれを「優秀発表賞」と「優秀ポスター賞」として表彰させて頂きました。特定の分野に重ならないよう配慮しましたが、各分野ともに優秀な発表が多く審査の先生方には大変お骨折りいただきました
 当日は、何かと不行き届きな点、不手際が多々あったものと存じますが、何卒、ご容赦頂けます様お願い申し上げます。 最後に、本学術総会開催にあたり、多大なご指導およびご尽力頂きました諸先生、関係各位、並びに経済的ご支援を頂きました企業・団体各位に、改めまして深く感謝申し上げます。
平成30年10月1日
第39回日本食品微生物学会学術総会長
西川 禎一
 第39回日本食品微生物学会学術総会を以下のとおり開催いたします。多くの会員各位のご発表とご参加、および関係各位のご来場をお待ちしております。
 一般演題は口頭発表もしくはポスター発表のどちらかを選べます。演題の申し込み、講演要旨の提出は本学術総会ホームページ(http://www.jsfm.jp/conf/2018/)からお願いします。また、事前参加登録は学会誌綴じ込みの振込用紙でお願いいたします。
第39回日本食品微生物学会学術総会
総会長 西川 禎一
(大阪市立大学)
会期 平成30年9月27日(木)〜 9月28日(金)
会場 大阪市立大学杉本キャンパス(大阪市住吉区杉本3-3-138)
JR西日本 阪和線 杉本町駅下車(徒歩約2分)
大阪市営地下鉄 御堂筋線 あびこ駅下車(徒歩約15分)
プログラム 特別シンポジウム
 「健康増進の食品微生物学(仮題)」
日 程:
9月27日(木)
司 会:
西川 禎一(大阪市立大学)、三宅 眞実(大阪府立大学)
  1. 基調講演(仮題)
     福田 真嗣(慶応大学・メタジェン)
  2. アンチエイジングとヨーグルト:(仮題)
     大池 秀明(国研 農研機構)
  3. 産業界の取り組み(仮題)
     演者未定(株式会社 明治)、演者未定(株式会社 ヤクルト)、他
  4. 線虫モデルで見る乳酸菌の長寿効果(仮題)
     小村 智美(奈良女子大学)
教育講演Ⅰ
日 程:
9月27日(木)
司 会:
宮本 敬久(九州大学)
講演者:
今泉 鉄平(岐阜大学)
演 題:
「生食野菜による食中毒の予防:ブランチングについて考える」
シンポジウムI
 「広域散発食中毒の迅速な検出と対応そして予防のために」
日 程:
9月28日(金)
司 会:
寺嶋 淳(岩手大学)
左近 直美(大安研)
  1. 広域散発事例への対応策(仮題)
     泉谷秀昌(感染研)
  2. ウイルス性経口感染症の現状(仮題)
     野田衛(国衛研)
  3. パネルディスカッション
シンポジウムII
 「食品媒介連鎖球菌感染症の疫学・食品微生物学・病原機構」
日 程:
9月28日(金)
司 会:
河合高生(大安研)
  1. 連鎖球菌感染症の疫学(仮題)
     演者未定
  2. 連鎖球菌の病原機構(仮題)
     中川一郎(京都大学)
  3. 連鎖球菌による食中毒事例とその食品における動態(仮題)
     山口貴弘(大安研)
日本食品微生物学会研究奨励賞 受賞記念講演(予定)
一般演題募集要項 口頭発表もしくはポスター発表のどちらか選択。優れた発表を「優秀発表賞」として表彰します。
  • 演題申込期間:5月14日(月)~ 6月29日(金)
  • 講演要旨提出期間:6月11日(月)~ 7月13日(金)
  • 発表用PDFファイルの提出締切日:9月7日(金)
    (提出ファイルはPowerPointではなくPDFファイルです。ご注意ください。)
  1. 発表演題、講演要旨ともに、本学術総会専用のホームページよりお申し込みください。
  2. 発表者は、正会員および学生会員に限ります。共同発表者はその限りではありません。
  3. 発表はすべて液晶プロジェクターを用いて行います。会場に用意するプレゼンテーションソフトはAdobe Readerです。
  4. 発表用ファイルは、MS PowerPoint等で作成していただき、PDFファイルに変換し、下記事務局あてにメールで送付してください。なお、容量が大きくメール送付が不可能な場合、もしくはセキュリティ上メールでの送付を希望されない場合、電子記憶媒体で事務局まで郵送してください(電子記憶媒体は原則返却致しません)。お送りいただいたPDFファイルは、学術総会終了後、責任を持って破棄します。
  5. プレゼンテーション用ファイルは予め、最新バージョンのAdobe Readerで、「フルスクリーンモード」を用いた動作確認をお願いします。
参加資格

会員、非会員を問わず、どなたでも参加できます。

参加費

講演要旨集代を含みます(講演要旨集のみ 3,000円)。

正会員事前登録
6,000円
正会員当日登録
8,000円
非会員(当日のみ)
10,000円

(会場にて年会費5,000円を支払い入会いただけば当日でも正会員として登録可能、是非ご入会ください)

学生会員
無料
*事前登録締め切り:8月17日(金)
*参加費の払い込みは、学会誌綴じ込みの振込用紙をご利用ください。
 なお、ホームページ上でのクレジット決済は行いません。

学術交流会
日程:
平成30年9月27日(木) 19:00~21:00(時間は予定)
場所:
天王寺都ホテル(〒545-0053 大阪府大阪市阿倍野区松崎町1-2-8)
(JR阪和線の乗車券を配布いたします)
会費:
7,000円(当日参加は8,000円)
*できる限り事前登録をお願いします。当日も受け付けますが、定員になり次第締め切ります。
*事前登録締め切り日:8月17日(金)
宿泊案内 斡旋は致しませんので各自でご予約をお願いします。
お問い合わせ 学術総会事務局
大阪市立大学・大学院生活科学研究科
第39回日本食品微生物学会学術総会事務局
担当:溝渕淳子(事務担当)、中台枝里子、西川禎一
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
E-mail:jsfm2018_at_life.osaka-cu.ac.jp(_at_を @ に変えて下さい) Fax:06-6605-2910
お問い合せはできるだけE-mailあるいはFaxによりお願いします。
Tel:06-6605-2800(溝渕)、06-6605-2856(中台)、06-6605-2910(西川)
過去の総会・セミナー開催実績