• 入会案内
  • お問い合わせ
  • メールマガジン
  • 日本微生物学連盟

総会・セミナー

  1. ホーム
  2. 総会・セミナー
  3. 過去の総会・セミナー開催実績
  4. 平成18年度の総会・セミナー開催実績

平成18年度の総会・セミナー開催実績

平成18年度の総会開催日程

第27回 日本食品微生物学会 学術総会

第27回日本食品微生物学会学術総会を下記のとおり開催致します。また、一般演題を下記の通り募集しますので、併せてお知らせいたします。会員の皆様には多数のご参加をお願いいたします。

第27回日本食品微生物学会学術総会
学術総会長 小崎 俊司
(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科)

日時 平成18年9月21日(木)~22日(金)
会場 大阪府立大学(〒599-8531 堺市中区学園町1-1)
地下鉄御堂筋線なかもず駅から徒歩15分または南海高野線白鷺駅から徒歩10分
プログラム
特別講演
「Risk assessment as basis for setting food safety criteria」
Dr. Serve Notermans (TNO Nutrition and food Research, The Netherlands)
※日本語通訳を予定しております。
教育講演
「Novel sensing technologies for improved biological threat agents detection」
Dr. Kasthuri Venkateswaran (California Institute of Technology, Jet Propulsion Laboratory, Biotechnology and Planetary Protection Group, CA, USA)
※日本語での講演を予定しております。
シンポジウム
(1)「日本を震撼させたO157による集団食中毒-その後の10年」
司会:大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 山崎伸二
講演予定者および演題
  1. 行政の立場から見たO157対策
    堺市保健所 福田雅一
  2. 堺以後の日本におけるO157の発生動向
    国立感染症研究所 寺嶋 淳
  3. ゲノム解析から見えてきたこと
    宮崎大学医学部 林 哲也
  4. O157の分子疫学解析法の開発とその応用
    大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 山崎伸二
(2)「食の安全を推進するために、今、すべきことは何か」
司会:コープきんき事業連合 日野亮一、 奈良県桜井保健所 梅迫誠一
講演予定者および演題
  1. 広範囲な生産拠点形式の製造業における現状と課題
    -菓子製造業における危機管理の実践-
    (株)ドンク 石黒 厚
  2. 豆腐製造における日持ち向上システムの確立
    四国化工機(株) 武岡彰一
  3. 味付けもずく製造の品質管理と一般的衛生管理
    (株)海産物のきむらや 野田潤也
  4. 百貨店の自主基準による安全チェックの現状と品質管理の取り組み
    (株)消費科学研究所 今岡靖之
  5. 食品業界の従業者健康管理の実態と今後の検査体制の展望
    (株)ファルコライフサイエンス 西井成樹
日本食品微生物学会奨励賞 受賞記念講演
2005年度および2006年度受賞者
一般演題
参加資格 会員、非会員を問わずどなたでも参加していただけます。
参加費 (講演要旨集代を含みます)
事前登録 5,000円
当日登録 6,000円
非会員(事前、当日共) 6,000円
講演要旨のみ 2,000円

事前予約締め切り: 8月18日(金)

懇親会

日時: 9月21日 18:30~
場所: リーガロイヤルホテル堺(南海電鉄本線堺駅西口)
会費: 7,000円

参加費とともにできるかぎり事前予約をお願いします。当日受付も致しますが、定員になり次第締め切らせていただきます。

事前予約締め切り: 8月18日(金)

事務局 〒599-8531 堺市中区学園町1-1
大阪府立大学大学院生命環境科学研究科
感染症制御学講座獣医感染症学教室内
第27回日本食品微生物学会学術総会事務局
担当 向本 雅郁(むかもと まさふみ)
TEL 072-255-5078 FAX 072-255-5078
E-mail shokubi27@vet.osakafu-u.ac.jp
URL http://www.shokubi27.jp/

平成18年度のセミナー開催日程

第26回日本食品微生物学会学術セミナー(四日市)開催のご案内
日時 平成18年5月19日(金) 13:00~17:10
会場

「じばさん三重」
四日市市安島1丁目3-18  近鉄四日市駅西口から徒歩5分

地図

参加・資料代 学会員 3,000円  非会員 4,000円
定員 234名(先着順),このほか,立見席20名程度収容可能.
プログラム
メインテーマ 「食の安全性確保の追求」
13:00~13:10
開会のあいさつ
13:10~14:05
HACCPと衛生管理
東海大学 小沼博隆
14:05~15:00
ISO22000とHACCP
近畿大学 米虫節夫
15:00~15:15
休憩
15:15~16:10
食品衛生法改正の要点とそれに伴う検査法
東京顕微鏡院 伊藤 武
16:10~17:00
総合討論・質疑応答
3名の講師とフロアーとの討論
17:00~17:10
閉会のあいさつ
参考

当日午前中に同じ会場で、以下のとおり三重県主催の講演会が開催されますので、参考までにご案内します。

日程 平成18年5月19日(金) 10:00~12:00
場所 じばさん三重
演題 「病原体としてのプリオンを考える」
講師 食品安全委員会プリオン専門調査会専門委員  品川森一 氏
帯広畜産大学名誉教授
前動物衛生研究所プリオン病研究センター所長
申し込み方法 申し込み用紙をダウンロードの上、FAXにてお申し込み下さい。
申し込み用紙はこちら(Word:23KB)
問い合わせ先

〒512-1211 四日市市桜町3690-1
三重県科学技術振興センター保健環境研究部 山内昭則,岩出義人
TEL:059-329-2923 FAX:059-329-3004
E-mail : yamaua00@pref.mie.jp(山内), iwadey00@pref.mie.jp (岩出)

〒514-8567 津市桜橋3丁目446-34
三重県津保健福祉事務所総合検査室 杉山明
TEL:059-223-5116 FAX:059-223-5119
E-mail:sugiya00@pref.mie.jp

第27回日本食品微生物学会学術セミナー(秋田)開催案内
日時 平成18年11月22日(水)13:00~17:00
会場

秋田県総合保健センター大会議室(2階)
秋田市千秋久保田町6-6 TEL:018-831-2011

地図

主催 日本食品微生物学会
後援 東北食中毒研究会
申込方法

参加申込書に必要事項を記入の上ファックス、または同様の必要事項を記入して電子メール平成18年10月31日(火)までにお申込み下さい。

参加申込書(doc:161KB)

費用 参加・テキスト代として会員、一般参加者とも3,000円
(当日、受付で申し受けます)
受付開始 12:30~
プログラム
13:00
開会あいさつ
日本食品微生物学会理事長 齋藤 文一
13:15~14:00
注目すべき食品媒介感染症(食中毒を含む)の発生と対応
岩手大学 品川 邦汎
14:00~14:30
秋田わか杉国体に向けての食品衛生への取り組み
秋田県生活衛生課食品衛生班 永須 昭夫
14:30~15:00
食品の苦情相談と問題解決
秋田県分析化学センター 佐藤 薫
15:00~15:15
休憩
15:15~15:45
東北6県におけるノロウイルス感染症の発生及びその対策のための連携
東北食中毒研究会ノロウイルス研究班 宮城県保健環境センター 植木 洋
15:45~16:10
鶏肉のカンピロバクター汚染と食中毒予防対策
秋田県健康環境センター 齊藤志保子
16:10~16:35
O157等の腸管出血性大腸菌感染症の発生状況と予防対策
秋田県健康環境センター 八柳 潤
16:35~17:00
質問、総合討論
17:00
閉会
事務局 秋田県健康環境センター微生物班 齊藤志保子
〒010-0874 秋田市千秋久保田町6-6
TEL:018-832-5005(代) 018-832-5034(担当)
FAX:018-832-5938(代) 018-832-5034(担当)
E-mail:Saitou-Shioko@pref.akita.lg.jp
食品微生物検査基礎技術講習会(福岡)開催案内
本講習会は、食品企業等における微生物検査業務従事者の検査基礎技術の確認と修得を目的として講義と実験指導を行うものです。食品微生物検査にこれから携わる方、基礎の実験操作を再確認したい方、奮ってご参加下さい。
主催 日本食品微生物学会
日時 平成18年8月24、25日(木、金)
会場 中村学園大学 〒814-0198 福岡市城南区別府5-7-1
福岡市営地下鉄七隈線「別府駅」下車 徒歩3分、または西鉄バス 「中村大学前」下車(博多駅前から約40分)
定員 20名(先着順とさせて頂きます)
参加費
  • 日本食品微生物学会会員 20,000円
    (賛助会員所属の方は会員扱いとします。会員登録手続き中の方も会員扱いとします。)
  • 非会員 30,000円
徴収方法 お申込み頂いた方に郵便振込み先をご連絡いたしますので、事前にお振り込み下さい。
スケジュール
第一日
10:00-10:05
開講の挨拶
九州大学大学院 宮本敬久
中村学園大学短期大学部 小田隆弘
10:05-12:00
検査準備および操作説明:
  1. 一般生菌数測定
  2. 芽胞数測定
  3. 黄色ブドウ球菌検査
九州大学大学院 宮本敬久
中村学園大学短期大学部 小田隆弘
13:00-17:00
実習:
  1. 無菌操作
  2. 試料調製法
  3. 試料の稀釈と接種・培養
  4. 芽胞菌検査
  5. 黄色ブドウ球菌検査
九州大学大学院 宮本敬久
            本城賢一
中村学園大学短期大学部 小田隆弘
                  古田宗宜
第二日
10:00-12:00
  1. 食品の細菌検査における問題点 (サンプリング、損傷菌など)
  2. 黄色ブドウ球菌と毒素
九州大学大学院 宮本敬久
中村学園大学短期大学部 小田隆弘
13:00-16:30
実習:
  1. 分離菌の簡易同定
    (1)コロニー及び細菌形態観察
    (2)簡易グラム染色
    (3)カタラーゼ試験
    (4)オキシダーゼ試験
    (5)糖の分解様式
  2. 黄色ブドウ球菌の同定
  3. エンテロトキシン検査
九州大学大学院 宮本敬久
            本城賢一
中村学園大学短期大学部 小田隆弘
                  古田宗宜
16:30-17:00
質疑応答
九州大学大学院 宮本敬久
中村学園大学短期大学部 小田隆弘
申し込み先

九州大学大学院農学研究院 食品衛生化学 宮本敬久
ファックス:092-642-3023
電子メール:tmiyamot@agr.kyushu-u.ac.jp

申し込み用紙(doc:25KB)

入会申し込み先 日本食品微生物学会入会申し込み先:
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町44-1イマス箱崎ビル
財団法人東京顕微鏡院 内 日本食品微生物学会事務局
TEL : 03-3663-9697 FAX : 03-3663-9685
入会案内

平成18年度の他団体主催セミナー開催日程

ifia JAPAN 2006
食の安心科学フォーラム 第5回セミナー
-フードチェーンを守る基盤となる食品微生物管理-
日時 2006年6月1日(木) 9時50分~17時00分
会場 東京ビッグサイト会議棟 6階
主催 日本食品微生物学会、食品化学新聞社
参加受講料 事前申し込み:日本食品微生物学会会員 8,000円、 一般 10,000円
当日申し込み(会員割引なし):12,000円
プログラム
(予定)
総合司会:静岡県環境衛生科学研究所 増田高志氏
9:50~9:55
総合司会挨拶
静岡県環境衛生科学研究所 増田高志
9:55~10:00
日本食品微生物学会理事長挨拶
齋藤文一氏
10:00~11:00
ISO22000を適用したフードチェーン全体の安全性確保
(財)日本食品分析センター 荒木惠美子氏
11:00~12:00
衛生管理における微生物検査の重要性
~HACCP、ISO22000の管理ツールとしての微生物管理
(社)日本食品衛生協会 小久保彌太郎氏
13:10~17:00
パネルディスカッション:微生物学的食品安全の限りない向上
座長:東京海洋大学・藤井建夫氏、
    静岡県環境衛生科学研究所・増田高志氏
13:10~14:00
○食品衛生管理における微生物知識の重要性
~食品製造現場における微生物学的基礎教育
東京海洋大学 藤井建夫氏
14:00~14:40
○製造現場の殺菌・洗浄の現状と課題
花王(株) 丸田誠一氏
14:50~15:30
○微生物管理における食品添加物の有効利用
上野製薬(株) 小堺 博氏
15:30~16:10
○冷凍食品物流における温度リアルタイム監視システム
(株)ニチレイフーズ 研究開発部 高橋観二郎氏
三洋電機(株) ITシステム開発部 唐沢 誠氏
16:15~17:00
○総合討論
お申し込み方法

こちらの申し込み用紙、またはifiaで配布するセミナー申し込み用紙(3月下旬から配布)を、会員・非会員の旨記入の上FAX(03-3238-7898)でご送付下さい。

事前申し込み締め切り・・・5月15日

お申し込み・
お問い合わせ先

(株)食品化学新聞社
食の安心科学フォーラム担当:今立、芳中
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-8 昭文館ビル
TEL: 03-3238-7818 FAX: 03-3238-7898

「食品総合研究所研究成果展示会2006」開催のお知らせ

 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所は、食品研究の専門機関として、食と健康の科学的解析、食料の安全性確保と革新的な流通・加工技術の開発、生物機能の発掘とその利用など、食に係る科学と技術に関し、幅広い研究を行っています。
 このたび、食品総合研究所で得られた研究成果と関連情報を広く一般に提供し、共同研究や技術移転を通じて社会に還元を図るために、研究成果展示会2006を開催します。90点の研究成果展示に加え、当研究所研究員による公開講演会を、下記のとおり、交通の便がよくなったつくば市で昨年に引き続き実施します。

1. 食品総合研究所研究成果展示会2006
日時 2006年11月2日(木)9:30~16:00
会場 つくば国際会議場 多目的ホール
内容 90点のパネル展示を中心に、食品総合研究所で得られた研究成果と関連情報を広く一般に提供します。 (→別紙1参照
2. 第24回食品総合研究所公開講演会
日時 2006年11月2日(木)11:00~12:00
会場 つくば国際会議場 大ホール
内容 「実用化へ向かう食総研発の技術」というタイトルで、3名の研究員が講演を行います。(→別紙2参照
3. 参加登録等
参加費 無料
参加登録 食品総合研究所ホームページよりオンラインで登録してください。
備考 同時に「食料産業クラスター促進技術フェア」(主催:社団法人食品需給研究センター、農林水産省関東農政局)が開催され、本イベントと併せて「フード・テクノフェア in つくば」としてさまざまな情報が得られます。詳細はこちらのホームページをご覧ください。
問合せ先 食品総合研究所研究技術普及チーム 曲山、濱松
Tel: 029-838-7499 E-mail: kyodosuisin-nfri@naro.affrc.go.jp
ポスター こちらからダウンロード(PDF:194KB)
第4回食品安全フォーラム
日時 平成18年12月6日(水)13:00~17:30
会場 日本薬学会長井記念ホール(渋谷区渋谷2丁目12番15号)
主催 日本薬学会レギュラトリーサイエンス部会
協賛 日本食品衛生学会、日本食品化学学会、日本食品微生物学会、日本薬学会医療薬化学部会、日本薬学会生薬天然物部会、日本薬学会環境・衛生部会
プログラム
13:00-
開会
棚元 憲一(国立医薬品食品衛生研究所)
座長: 井上 達(国立医薬品食品衛生研究所)
13:00-13:10
レギュラトリーサイエンス部会長挨拶
医薬品医療機器総合機構 豊島 聡
13:10-13:30
食品安全委員会発足からの3年間を振り返って
日本公定書協会 前食品安全委員会委員 寺尾 允男
13:30-14:05
大豆イソフラボンの安全性評価の考え方と問題点
東京都老人医療センター・東京都老人総合研究所 井藤 英喜
座長: 山本 茂貴(国立医薬品食品衛生研究所)
14:05-14:40
アガリクスを含む製品の安全性評価に関わる基礎的研究
国立医薬品食品衛生研究所 菅野 純
14:40-15:15
BSEの現状と問題点
東京大学名誉教授 山内 一也
15:15-15:30
休憩
シンポジウム:残留農薬ポジティブリスト制施行後の現状と今後の課題
 
座長:大野 泰雄(国立医薬品食品衛生研究所)
15:30-16:00
残留農薬・動物用医薬品のポジティブリスト制施行後の輸入食品における監視状況
宮田昌弘 (横浜検疫所 輸入食品・検疫検査センター)
16:00-16:30
食品企業における効率的残留農薬分析に関する創意と工夫
但馬 良一 (サントリー(株)品質保証部 兼安全性科学センター)
16:30-17:00
残留農薬ポジティブリスト制施行後の諸問題と対応
宮川昭二 (厚生労働省食品安全部)
17:00-17:25
シンポジウム総合討論
座長:米谷 民雄(国立医薬品食品衛生研究所)
-17:30
閉会
高鳥 浩介(国立医薬品食品衛生研究所)

※閉会後,ロビーにて交流会を予定

参加費 3,000円,交流会費:2,000円(当日,会場にてお支払下さい)
参加申込方法 氏名,所属,連絡先(住所,Tel,Fax,E-mail),交流会参加の有無を,11月30日(木)までに下記にご連絡下さい。なお、空席次第で当日参加もできます。
入会申し込み先 国立医薬品食品衛生研究所 食品添加物部 棚元 憲一
Fax:03-3700-9484
E-mail:4thfds@nihs.go.jp
http://www.nihs.go.jp/doc/rs/
ILSI Japan 食品汚染微生物シンポジウムのお知らせ
主催 特定非営利活動法人
日本国際生命科学協会(ILSI Japan)食品微生物研究部会
ホームページ
日時 平成18年12月7日(木曜日)10時~17時30分
(受け付け開始9時30分)
会場 中央区立日本橋公会堂(4階ホール)
中央区日本橋蛎殻町1-31-1(駐車場無し)
プログラム
第1セッション
1)食品微生物に関する全体像
佐脇徹也(サントリー(株)品質保証部安全性科学センター専任部長)
第2セッション
2)好熱性好酸性菌に関する最近の動向
後藤慶一(三井農林(株)食品総合研究所微生物科学研究グループリーダー)
   池本尚人(サントリー(株)飲料商品開発研究部課長)
第3セッション
3)食品媒介感染症としてのリステリア症の現状
五十君靜信(国立医薬品食品衛生研究所食品衛生管理部第1室長)
4)リステリアの食品汚染の現状と対策
仲真晶子(東京都健康安全研究センター食品微生物研究科)
第4セッション
5)カビの健康への影響-安全・安心に向けて
高鳥浩介(国立医薬品食品衛生研究所衛生微生物部長)
6)カビ毒の正しい理解に向けて
小西良子(国立医薬品食品衛生研究所衛生微生物部第4室長)
7)カビの耐熱性と食品業界での問題
宇田川俊一(財団法人日本食品分析センター顧問)
参加申込 詳細は協会のホームページをご覧下さい
参加費 5,000 円(テキスト代含む)
申込締切

11月17日(金曜日)
* 定員になり次第締め切らせていただきます。(その旨ご連絡差し上げます。)

ILSI JAPAN 事務局
〒102-0083 千代田区麹町2-6-7 麹町R・Kビル1階
TEL:03-5215-3535  FAX:03-5215-3537

第3回東京セミナー

2006年5月末に食品中の残留農薬、残留動物用医薬品の分析にポジティブリスト制度が導入されました。本制度の施行に伴う食品中の残留農薬、動物用医薬品の現状と残留分析の最新情報をご紹介します。

日時 平成18年12月15日(金)13:00~17:00
会場 星薬科大学 新星館(東京都品川区荏原2-4-41、電話 03-5498-5763)
交通: 東急池上線「戸越銀座」駅下車、徒歩5分
主催 日本分析化学会 関東支部
テーマ 「ポジティブリスト制度の施行と残留分析の現状」
プログラム
  1. はじめに -食品の残留分析とポジティブリスト制度
    (星薬大)中澤裕之
  2. 施行された残留農薬等のポジティブリスト制度
    (厚労省)宮川昭二
  3. ポジティブリスト農薬分析の最前線
    -分析者はどのように対応しているか-
    (化評研)田嶋晴彦
  4. 残留動物用医薬品分析法の現状と課題
    (埼玉衛研)堀江正一
  5. 農薬の残留分析法と実際
    (残農研)小田中芳次
  6. 残留分析の信頼性確保
    (日食分析セ)中村宗知
定員 250名
参加費 1,000円(当日申し受けます)
申込方法 参加希望者は氏名、勤務先、住所、電話番号、電子メールを明記の上、はがき、FAX、電子メールで11月30日(木)までに下記にお送りください。
申し込み先 〒141-0031 東京都品川区西五反田1-26-2 五反田サンハイツ304号
日本分析化学会関東支部
(電話:03-3490-3351、FAX:03-3490-3572、E-mail:hm_tanaka@jsac.or.jp
過去の総会・セミナー開催実績