• 入会案内
  • お問い合わせ
  • メールマガジン
  • 日本微生物学連盟

総会・セミナー

  1. ホーム
  2. 総会・セミナー
  3. 過去の総会・セミナー開催実績
  4. 平成21年度の総会・セミナー開催実績

平成21年度の総会・セミナー開催実績

平成21年度の総会開催日程

日本食品微生物学会30周年記念学術総会開催のご案内(第3報)

日本食品微生物学会30周年記念学術総会を下記の要領で開催いたします.多くの会員各位のご参加をお待ちいたしております.詳細は本総会ホームページをご覧ください.

日本食品微生物学会理事長
小崎 俊司

日時 平成21年10月19日(月)~ 21日(水)
学術総会
ホームページ
詳細な学術総会の情報はこちらをご覧下さい。
会場 タワーホール船堀(〒134-0091 東京都江戸川区船堀 4-1-1)
総合受付 大ホールロビー(5階)
(受付開始時刻は10月19日が14時,10月20,21日が9時を予定しております.)
プログラム

特別講演,30周年記念講演,教育講演,シンポジウム,公開市民講座,一般演題(ポスター発表)などを開催いたします.

詳細は下記よりダウンロードしてください。
プログラム詳細(PDF:212KB)

特別講演

日時:
10月19日(月)15:00~17:00 A会場(5階 大ホール)*
講演者:
Bertrand Lombard
(フランス食品安全局食品品質・プロセス研究所,ISO/TC34/SC9議長)
演題:
ISOにおける微生物試験法の策定とバリデーション(妥当性確認)について
司会:
小崎俊司(大阪府立大学)

30周年記念講演 「食品微生物学の過去,現在,未来」

日時:
10月20日(火)9:30~12:00 A会場(5階 大ホール)*
司会:
小崎俊司(大阪府立大学)
  1. 日本食品微生物学会の発足・発展の経緯 寺山 武(名誉会員)
  2. コレラ菌研究30年 竹田美文(名誉会員)
  3. 細菌性食中毒の今昔 仲西寿男(名誉会員)
  4. 微生物検査法の変遷と展望 伊藤 武(名誉会員)

教育講演 「微生物制御の新しい技術」

日時:
10月20日(火)15:00~16:30 A会場(5階 大ホール)*
司会:
丹野憲二(日本食品分析センター)

1) 非加熱殺菌法を中心にした新規殺菌技術 五十部誠一郎
  (農業・食品産業技術総合研究機構)
2) 微生物制御への予測モデルの活用 小関成樹
  (農業・食品産業技術総合研究機構)

シンポジウム1 「真菌をめぐる最近の話題と展望」

日時:
10月21日(水)10:30~12:00 A会場(5階 大ホール)*
司会:
高鳥浩介(カビ相談センター)

S11 PCRによる食品有害カビの分類と同定 矢口貴志
  (千葉大学真菌医学研究センター)
S12 環境真菌,耐熱性カビの分類と制御 上田成一
  (長崎県立大学)
S13 農産物におけるマイコトキシン汚染への対応 岡田正孝
  (農林水産省)

シンポジウム2 「今,注目すべき食品媒介感染症」

日時:
10月21日(水)13:30~15:00 A会場(5階 大ホール)*
司会:
柳川義勢(香川栄養専門学校)

S21 食品媒介寄生虫症 -主に魚介類の生食に起因する寄生虫症について-
  鈴木 淳(東京都健康安全研究センター)
S22 食品中のウイルス制御に関する国際動向 野田 衛
  (国立医薬品食品衛生研究所)
S23 新しい食中毒菌 -E. sakazakii - 五十君靜信
  (国立医薬品食品衛生研究所)

公開市民講座 「日本の伝統食品と微生物」

日時:
10月21日(水)15:15~17:30 A会場(5階 大ホール)
司会:
諸角 聖(東京都予防医学協会)

1) 水産発酵食品            藤井建夫(東京家政大学)
2) 納豆 -枯草菌と大豆の絶妙な出会い- 深澤親房(東京家政大学)
3) 食酢                小泉幸道(東京農業大学)
4) 漬物                宮尾茂雄(東京家政大学)

* B会場(5階 小ホール)においても,
 A会場の講演風景をモニター中継いたします.

一般演題(ポスター発表)
ポスター展示:10月19日(月) 15:00 ~ 10月21日(水) 12:00
         展示会場(1階 展示ホール)
ポスター討論:奇数番号 10月20日(火) 16:45~17:45
         偶数番号 10月21日(水) 9:15~10:15

※ 一般演題発表者の皆様へ

  1. ポスターは,掲示パネル(横120 cm×縦180 cm)に収まるように横115 cm×縦150 cm以内の大きさで作成してください.
  2. ポスターは,10月19日(月)の13:00~15:00の間に,展示会場(1階 展示ホール)内の該当する番号のパネルに掲示してください.対応が困難な場合は,遅くとも10月20日(火)13:00までに掲示するようお願いいたします.なお,押しピンは学術総会で準備いたします.
  3. ポスターを掲示するパネルの番号は,本プログラムの演題番号になりますのでご確認ください.
  4. 発表者は,ポスター討論の時間に必ずポスターの前で演題内容を説明してください.
  5. ポスターの撤去は,10月21日(水)の12:00~14:00の間に行ってください.なお,撤去されない場合は学術総会で破棄いたします.

ランチョンセミナー 1(栄研化学株式会社)

日時:
10月20日(火)12:00~13:00 C会場(2階イベントホール)
演題:
食品製造や調理従事者の腸内細菌検査について
講演者:
伊藤 武 先生(財団法人 東京顕微鏡院 理事)

ランチョンセミナー 2(シスメックス・ビオメリュー株式会社)

日時:
10月20日(火)12:00~13:00 D会場(2階イベントホール)
演題:
食品の総合的衛生管理ビジネスにおける微生物学的業務
現状と課題および今後の発展性について
-業務の効率化のための試験の自動化検討を含めて-
講演者:
猪野 毅 先生(アース環境サービス株式会社 総合研究所 所長)

ランチョンセミナー 3(東ソー株式会社)

日時:
10月20日(火)12:00~13:00 E会場(2階イベントホール)
演題:
ノロウイルス感染症の最近の動向
講演者:
牛島廣治 先生(藍野大学 藍野健康科学センター)

ランチョンセミナー 4(メルク株式会社)

日時:
10月20日(火)12:00~13:00 F会場(2階イベントホール)
演題:
リアルタイムPCRによる病原菌および腐敗菌の迅速検査
講演者:
安部 孝 先生(メルク株式会社)

ランチョンセミナー 5(関東化学株式会社)

日時:
10月21日(水)12:00~13:00 C会場(2階イベントホール)
演題:
新しいサルモネラ迅速選択培地「ランバクイックサルモネラ」
-自主検査の迅速化をめざして-
講演者:
Dr. Alain RAMBACH(CHROMagar)

ランチョンセミナー 6(株式会社 GSIクレオス)

日時:
10月21日(水)12:00~13:00 D会場(2階イベントホール)
演題:
分析の品質保証とProficiency Testingの利用
講演者:
後藤哲久 先生(信州大学農学部 応用生命科学科 教授)

ランチョンセミナー 7(タカラバイオ株式会社)

日時:
10月21日(水)12:00~13:00 E会場(2階イベントホール)
演題:
食品や衛生管理における遺伝子迅速検出
-リアルタイムPCRの新展開-
講演者:
江﨑孝行 先生
(岐阜大学大学院医学系研究科 病原体制御学分野 教授)

ランチョンセミナー 8(日水製薬株式会社 及び 中央法規出版株式会社)

日時:10月21日(水)12:00~13:00 F会場(2階イベントホール)
主題:食品由来感染症の過去と現在及び汚染病原微生物の検査法の進歩
演題(1:食品由来感染症の歴史と坂崎利一先生の業績
講演者:仲西寿男 先生(財団法人 日本食品分析センター)
演題(2:食品汚染微生物検査法の進歩と細菌毒素の話題
講演者:浅尾 努 先生(財団法人 日本食品分析センター)
司 会:丸山 務 先生(社団法人 日本食品衛生協会)

参加資格 会員,非会員を問わずどなたでも参加していただけます.
参加費 (参加費には講演要旨集代を含みます)
会員事前登録 6,000円
会員当日登録 7,000円
学生会員
(事前、当日とも)
3,000円
非会員
(事前、当日とも)
7,000円
講演要旨のみ 3,000円
事前登録締切り

事前登録締切り:平成21年9月18日(金)

  • 本誌および前号(26巻1号)綴じ込みの振込用紙をご利用ください.
  • 講演要旨集は振込用紙の住所に発送させていただきますので,正確にご記入ください.
  • 発送先が異なる場合は,お手数ですが事務局へお知らせください.
  • 早めに領収書が必要な方は事務局へお知らせください.
  • 振込み後の返金はできませんのでご注意ください.
学術交流会
(懇親会)
日時: 平成21年10月20日(火) 18:00~20:00
会場: タワーホール船堀 イベントホール(2階)
会費: 7,000円
事前登録締切り:平成21年9月18日 (金)
できる限り事前登録をお願いいたします.当日受付もいたしますが,定員になり次第締め切らせていただきます.
宿泊 今回は特にご案内の予定はありませんので,各自ご手配ください.
事務局 〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町52-1
財団法人 日本食品分析センター内
日本食品微生物学会30周年記念学術総会事務局
担当:田中廣行(たなか ひろゆき)
TEL:03-3469-7135 FAX:03-3469-1740
総会問い合わせ専用E-mail:jsfm30@jfrl.or.jp
URL:http://www.wdc-jp.biz/jsfm/conf2009/

平成21年度のセミナー開催日程

第33回日本食品微生物学会学術セミナ-(福岡)開催のご案内
日時 平成22年2月5日(金) 13時00分~16時45分
会場

福岡市健康づくりセンター等複合施設(あいれふ)10階「あいれふホール」
〒810-0073 福岡市中央区舞鶴2-5-1 TEL:092-751-7778

<アクセス>
地下鉄「赤坂駅」徒歩4分
西鉄バス 「長浜2丁目」下車1分(那の津通り)
「法務局」下車3分(昭和通り)
「赤坂門」下車4分(明治通り)

地図

参加・資料代 3,000円 (料金の徴収は、開催当日会場で行います。)
申込方法

下記の参加申込書にご記入の上,ファックス又は電子メールでお申込みください。
参加申込書のダウンロード(ワードファイル)

【参加申込先】(財)日本食品分析センター九州支所 九州支所 里山 俊哉
          FAX番号:092-291-1135
          E-mail :jsfms33@jfrl.or.jp(@を半角にして下さい)
【世話人代表】福岡県保健環境研究所 堀川和美

プログラム
メインテーマ「食の安全・安心に向けた、現場で役立つ検査法とその対策」
12:00
受付開始
12:50
挨拶
日本食品微生物学会理事長 小崎俊司
福岡県保健環境研究所長 吉村健清
食品工場における品質管理について -微生物検査の意義と実際-
財団法人日本食品分析センター 小田俊一
辛子めんたいこにおける食品安全(ISO22000)の取り組み
株式会社ふくや 永田修一
ノロウイルスについての基礎知識 -知って防ごう食中毒・感染症-
福岡県保健環境研究所 世良暢之
ノロウイルス各論 ―検査法と除染法―
福岡市保健環境研究所 川本大輔
サルモネラ および その検査法
福岡県保健環境研究所 村上光一
16:45
閉会
第32回日本食品微生物学会学術セミナ-(京都)開催のご案内
日時 平成21年7月31日(金) 13:00~17:20
会場

「京都テルサ」 東館2階 セミナー室
京都市南区東九条下殿田町70番地 電話:075-692-3400

<アクセス>
JR: JR京都駅(八条口西口)より南へ徒歩10分
近鉄: 近鉄東寺駅より東へ徒歩5分
バス: 市バス九条車庫南へすぐ
地下鉄: 地下鉄九条駅(4番出口)より西へ徒歩5分

地図

参加・資料代 3,000円 (料金の徴収は開催当日、会場で行います。)
参加定員 120名(受付は先着順とし、定員になり次第終了します。)
定員に達しましたので申し込みを締め切りました。ご了承下さい。
申込方法

下記の参加申込書にご記入の上,ファックス又は電子メールでお申込みください。
参加申込書のダウンロード(ワードファイル)

【参加申込先】
株式会社 日研生物医学研究所  金子俊平
住所:〒613-0046 京都府久世郡久御山町堤外縁23
FAX:075-632-5131
電話:075-631-1909
電子メール:s_kaneko@nikken-bio.co.jp(@は半角にして下さい)

【世話人代表】
株式会社 日研生物医学研究所  梅迫誠一

プログラム
メインテーマ 「今、あらためて問う、食品の品質管理体制のありかた」
12:30~
受付開始
13:00~13:10
開会の挨拶
日本食品微生物学会理事長 小崎俊司
13:10~14:00
わが国の指標菌試験法を考える
浅尾 努(財)日本食品分析センター
(元大阪府立公衆衛生研究所)
[座長: 西川禎一(大阪市立大学大学院)]
14:00~14:50
食品細菌検査における精度管理のありかた
田中廣行(財)日本食品分析センター
[座長: 西井成樹((株)ファルコライフサイエンス)]
14:50~15:00
休憩(20分間)
15:10~16:00
品質保証における企業内試験検査機関の役割
但馬良一 サントリー(株)
[座長: 加藤孝広((株)日研生物医学研究所)]
16:00~17:20
トピックス 食品の品質管理上問題となる最近の話題
  • 山崎伸二 大阪府立大学大学院
    「カンピロバクター食中毒と迅速検査法」
  • 河合高生 大阪府立公衆衛生研究所
    「セレウス菌嘔吐毒」
  • 中村寛海 大阪市立環境科学研究所
    「食品媒介リステリア症」
[座長: 山崎伸二(大阪府立大学大学院)]
17:20~
閉会挨拶
世話人代表 梅迫誠一((株)日研生物医学研究所)

平成21年度の他団体主催セミナー開催日程

ifia JAPAN 2009
食の安心科学フォーラム 第8回セミナー
安心できる食品の規格と検査
日時 平成21年5月22日(金) 9時50分~17時(受付開始9時00分)
会場 東京ビッグサイト 会議棟6階(605号室)
主催 日本食品微生物学会・日本食品衛生学会・日本食品化学学会
共催 食品化学新聞社
募集人員 先着順120名(事前申し込み締め切り 4月20日
参加受講料
事前申し込み(主催・後援学会会員) 8,000円
事前申し込み 一般 10,000円
当日申し込み(会員割引なし) 12,000円
プログラム
(予定)
9:50-9:55
総合司会挨拶
東海大学 小沼 博隆 氏
9:55-10:00
主催者代表挨拶
日本食品衛生学会会長 日本食品微生物学会理事
藤井 建夫 氏
10:00-10:50
「公定法のこれまでとこれから
~わが国の妥当性評価ガイドラインとcodexでの新しい分析法評価~」
国立医薬品食品衛生研究所 渡邉 敬浩 氏
10:50-11:40
「微生物検査の標準法作成の進捗状況と国際整合性」
国立医薬品食品衛生研究所 五十君静信 氏
11:50-12:40
「化学分析法の妥当性確認と分析値の質管理・保証」
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所
安井 明美 氏

<休 憩>

 
パネルディスカッション
「消費者を安心させる科学的根拠とは?」
司会: 静岡県立大学 米谷 民雄 氏
14:00-14:10
「消費者を安心させる科学的根拠とは?(パネルディスカッション趣旨)」
静岡県立大学 米谷 民雄 氏
14:10-14:40
「0157事件に見る食品のリスクと微生物検査データ」
東海大学 小沼 博隆 氏
14:40-15:10
「賞味期限、消費期限の裏付けとなる分析検査」
(財)日本食品分析センター 氏家 隆 氏
15:10-15:40
「食品添加物の安全性と有用性を証明するために」
上野製薬(株) 小堺 博 氏

<休 憩>

15:50-16:20
「安全と安心の狭間を埋めるために」
食品安全委員会事務局 小平 均 氏
16:20-16:55
質疑応答
16:55-17:00
閉会挨拶
日本食品化学学会理事長 多田 幹郎 氏
お申し込み・
お問い合わせ
(株)食品化学新聞社(今立、芳中)
TEL 03-3238-7818 FAX 03-3238-7898
申し込み用紙ダウンロード
http://www.ifiajapan.com (展示会・セミナーの情報を掲載)からも申し込みできます。
過去の総会・セミナー開催実績