• 入会案内
  • お問い合わせ
  • 日本微生物学連盟

総会・セミナー

  1. ホーム
  2. 総会・セミナー
  3. 過去の総会・セミナー開催実績
  4. 平成24年度の総会・セミナー開催実績

平成24年度の総会・セミナー開催実績

平成24年度の総会開催日程

第33回日本食品微生物学会学術総会お礼及び優秀発表賞の報告

 謹啓 秋冷の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
 平成24年10月25日から26日にアクロス福岡にて開催しました第33回日本食品微生物学会学術総会では、会員の皆様には特段のご高配を賜り、誠にありがとうございました。本学術総会は、九州、福岡での開催であったためか、109演題と多くの一般演題のお申し込みを頂き、無事、盛会裏に終了することができました。これもひとえに学会員の皆様のご支援の賜と実行委員を代表して、厚くお礼申し上げます。
 また、第33回日本食品微生物学会学術総会では以下の6演題を優秀発表賞として、副賞を添えて表彰しました。受賞された皆様、おめでとうございます。

謹白

第33回日本食品微生物学会学術総会
学術総会長
宮本 敬久

(九州大学大学院農学研究院)

第33回日本食品微生物学会学術総会優秀発表賞受賞者

演題番号1B01
食中毒患者糞便からのナナホシクドア試験法
○原田哲也1),河合高生1),陳内理生1),大西貴弘2),小西良子2),久米田裕子1)
(大阪府立公衆衛生研究所1),国立医薬品食品衛生研究所2)
演題番号1B15
Salmonella prevalence in slaughtered animals and retailed meat in Pakse, Laos PDR
○Sumalee Boonmar1),Chaiwat Pulsrikarn2),Phattharaphron Chaichana2)
Srirat Pornruangwong2),Chaunchom Sujate3),Thongsay Sychanh4),Thongdam Khounsy5)
Davanh Sisavath5), 森田幸雄6), 山本茂貴7) 
(タイ厚生省-米国CDC共同研究所1),WHOサルモネラ赤痢センター:タイ2),カセサート大学:タイ3),チャンパーサック大学:ラオス4),チャンパーサック動物研究所:ラオス5),東京家政大学6),国立医薬品食品衛生研究所7)
演題番号1C06
食肉加工工場における油脂と微生物汚染に関する検討
○國分伸紘1),國武広一郎1),松浦潤一1),宮崎祥典1),盛田隆行1)
岡部和彦1),中島和英2),石﨑直人3),堂ヶ崎知格3)
(攝津製油株式会社1),株式会社東京食肉安全検査センター2),麻布大学 生命・環境科学部3)
演題番号2A06
大腸菌群試験法の問題点 ~完全試験に用いる乳糖ブイヨン発酵管について~
○須田貴之,諸藤 圭,齋藤明美,田中廣行,浅尾 努
(財団法人 日本食品分析センター)
演題番号2A12
大腸菌のO抗原合成遺伝子領域の網羅的解析と菌株分類法への利用の検討
○井口 純1),伊豫田 淳2),秋吉充子1),大西 真2)
(宮崎大学・IR推進機構1),国立感染症研究所・細菌第一部2)
演題番号2C09
ウエルシュ菌食中毒検査における増菌培養条件の検討
○門間千枝,石塚理恵,齊木 大,小西典子,横山敬子,新井輝義,鈴木康規,
尾畑浩魅,仲真晶子,甲斐明美
(東京都健安研センター)
第33回日本食品微生物学会学術総会開催のご案内(第2報)

第33回日本食品微生物学会学術総会を下記のとおり開催致します。一般演題は、PCプロジェクターを使用して行います。5月中に、本学術総会専用ホームページ(http://www.jsfm.jp/conf/2012/)を立ち上げます。本学会ホームページ(http://www.jsfm.jp/)からリンクさせますので、ご利用くださいますようお願い申し上げます。なお、演題申込みおよび講演要旨作成要領などについては本学術総会専用ホームページでご案内致します。また、事前参加登録は次号綴じ込み予定の振込用紙をご利用下さい。 多くの会員のご発表とご参加、および関係各位のご来場をお待ちしております。

第33回日本食品微生物学会学術総会
学術総会長 宮本 敬久
(九州大学大学院農学研究院)
第33回学術総会ホームページ

日時 平成24年10月25日(木)~ 10月26日 (金)
会場

アクロス福岡 (福岡市中央区天神1-1-1)
福岡市営地下鉄 空港線 天神駅下車(東口、16番出口からすぐ)

アクセス

プログラム

特別講演

講演者:
甲斐 諭
(中村学園大学学長 兼 中村学園大学流通科学研究所長)
演題:
「食品の流通と安全性確保」(仮題)

教育講演1

講演者:
小久保 彌太郎 (社団法人 日本食品衛生協会)
演題:
「食品の微生物管理法として、HACCPシステムの考えが何故必要か」(仮題)

教育講演2

講演者:
矢口 貴志 (千葉大学真菌医学研究センター)
演題:
「食品危害カビにおける分類、同定の最前線」

シンポジウム1
「食品微生物試験法の最新の動向と簡易迅速化」
オーガナイザー: 樋脇弘(福岡市動物園)

シンポジウム2
「生食文化に潜む危険について」
オーガナイザー: 堀川和美(福岡県保健環境研究所)

日本食品微生物学会研究奨励賞 受賞記念講演(予定)

一般演題(すべて、Adobe Readerを使った口頭発表で行い、演題の募集は6月1日(金)から行います。)

参加資格 会員、非会員を問わず、どなたでも参加できます。
参加費 講演要旨集代を含みます。
正会員事前登録 6,000円
正会員当日登録 7,000円
非会員
(当日のみ)
8,000円
学生会員 1,000円
講演要旨集のみ 3,000円
  • 事前登録締め切り:9月21日(金)
  • 参加費の払い込みは、振込用紙を次号(29巻2号)に綴じ込みますので、それをご利用ください。
    なお、ホームページ上でのクレジット決済は行いません。
学術交流会

日程: 平成24年10月25日(木) 18:00~20:00 (時間は予定)
場所: 西鉄イン福岡 大ホール   福岡市中央区天神1-16-1 
     (学術総会会場から徒歩1分)
会費: 7,000円

  • できる限り事前登録をお願いします。当日も受け付けますが、定員になり次第締め切ります。
  • 事前登録締め切り: 9月21日(金)
一般演題
募集要項
  • 演題申込期間: 6月1日(金)~7月13日(金)
  • 講演要旨提出期間: 7月17日(火)~8月17日(金)
  • 発表用PDFファイルの提出締切日: 10月15日(月)
    (提出ファイルはPowerPointファイルではなく、PDFファイルです。ご注意ください。)
  1. 演題申込、講演要旨提出ともに、本学術総会専用のホームページより行ってください。
  2. 発表者は、正会員および学生会員に限ります。共同発表者はその限りではありません。
  3. 発表時間は、講演時間8分、討論時間2分を予定しております。
  4. 発表は、すべて液晶プロジェクターを用いて行います。会場に用意するプレゼンテーションソフトは、Adobe Readerです。
  5. 発表用ファイルは、MS Power Point等で作成して頂き、PDFファイルに変換し、CD-Rに保存して、下記の学術総会事務局まで郵送してください。なお、お送り頂いたCD-Rは、学術総会終了後、責任を持って裁断し、破棄します。
  6. プレゼンテーション用ファイルは、予め、最新バージョンのAdobe Readerでの動作確認をお願い致します。Adobe Readerでは、『フルスクリーンモード』での動作確認をお願いいたします。
宿泊案内 斡旋はいたしませんので、各自ご手配をお願いします。
学術総会
事務局
〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1
九州大学大学院農学研究院
食品衛生化学研究室
第33回日本食品微生物学会学術総会事務局
担当:本城 賢一
TEL: 092-642-3024  FAX: 092-642-3025
E-mail: honjoh@agr.kyushu-u.ac.jp

平成24年度のセミナー開催日程

第38回日本食品微生物学会学術セミナー(富山)

最近問題となった肉の生食に関する話題と富山県における食の安全への取り組みの紹介、食品と法律などについて、様々な立場の講演者から発信します。
興味のある方はどなたでもご参加いただけます。みなさまのご参加をお待ちしております。

開催日 平成24年8月30日(木) 13:10~17:20 (12:30受付開始)
会場

富山明治安田生命ホール
(富山市宝町1-3-10) TEL:076-444-7003

【アクセス】

  • JR北陸本線「富山駅」正面出口より徒歩約2分。
  • 富山空港から富山駅まではバスで約30分。
※会場には駐車場がございません。公共交通機関を ご利用いただきますようお願いいたします。

アクセス

主催 日本食品微生物学会
協賛 財団法人 田村科学技術振興財団 食の安心研究所
後援 富山県 富山市 一般社団法人 富山県食品衛生協会
受講対象者 調理従事者、栄養士、品質・衛生管理担当者等
参加・テキスト代 3,000円(料金の徴収は開催当日会場受付で行います。)
下記の参加申込書にご記入の上,ファックス又は電子メールでお申込みください。
参加申込書のダウンロード(pptファイル)
参加定員 150名
参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはE-mailにてお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせて頂きますのでお早目にお申し込みください。
プログラム
メインテーマ「食の安全確保のための取り組み」
●ノロウイルスを中心としたウイルス性食中毒の予防について
食中毒の原因として最も多い、ノロウイルスの予防を中心に勉強します。
名古屋真弓(富山県衛生研究所)
●自主衛生管理システムの構築
~現場で見られる衛生管理手法と衛生管理業務~
現場における衛生管理手法のポイントと衛生管理業務について紹介します。
山内俊博(株式会社アルプ)
●食中毒における行政対応
   
食中毒発生時の行政対応と予防のための日々の活動について紹介します。
中島由雅(富山県厚生部生活衛生課)
●牛肉生食による腸管出血性大腸菌O111による集団食中毒事例
牛肉生食により発生した集団食中毒の概要を紹介し、検査法の問題や今後の対応について考察します。
綿引正則(富山県衛生研究所)
●コーデックスの数的指標の考え方を導入した初めての微生物基準
  ~生食肉の規格基準のもたらしたもの~
コーデックスのガイドラインに従った数的指標の考え方とはどのようなものであるか理解していただき、 今回の規格基準策定にあたり、具体的にどのような検討が行なわれたのか実例を示します。
五十君靜信(国立医薬品食品衛生研究所)
●食の安全と法律 ~食にまつわる法律と紛争~
「食」と法律は、一見関係なさそうですが、例えばひとたび食中毒があるとすぐに法律的な問題が生じます。食に関して法律がどのように関係してくるかを、様々な場面に即して解説します。
金井美智子(大江橋法律事務所)
申込締切 平成24年7月27日(金)
参加申込み、
問い合わせ先

第38回日本食品微生物学会学術セミナー事務局(富山県衛生研究所内)
FAX:0766-56-7326 (Tel:0766-56-8142)
E-mail:junko.isobe@pref.toyama.lg.jp

参加申込後、1週間以内に返事がない場合は事務局までお問い合わせください。

第37回日本食品微生物学会学術セミナー(和歌山)開催のご案内
日時 平成24年3月2日(金) 12時45分~17時00分(12時受付開始)
場所

和歌山市民会館 市民ホール
(和歌山市伝法橋南ノ丁7番地)
TEL:073-432-1212

<アクセス>

  • JR和歌山駅より和歌山市駅行きバスで約15分
  • 南海和歌山市駅より南西 (正面出口を出て右)へ徒歩5分

詳しくはホームページでご確認ください。

アクセス

主催 日本食品微生物学会
後援 和歌山県、和歌山市、社団法人和歌山県食品衛生協会
参加・資料代

3,000円(料金の徴収は、開催当日会場受付で行います。)
下記の参加申込書にご記入の上,ファックス又は電子メールでお申込みください。
参加申込書のダウンロード(ワードファイル)

参加定員 200名(別紙:参加申込書により受付、定員になり次第終了します。)
プログラム
メインテーマ
「これから求められる食の安全の取り組み」
-現場での製造管理のありかた-
12:00
受付開始
12:45
理事長挨拶
13:00
「調味梅干しの賞味期限設定への取り組み」
赤木知裕(和歌山県工業技術センター)
13:30
「和歌山県における食品製造管理への取り組み」
川崎英直(和歌山県食品・生活衛生課)
14:00
「HACCP認定施設における食品製造管理の現状」
谷口義仁(和歌山ノーキョー食品工業株式会社)
14:50
~  休憩 (20分)  ~
15:10
「生食用魚介類等における現状の問題点」
阿部仁一郎(大阪市立環境科学研究所)
16:00
「生食用食肉等における規制制定とその後の問題」
山崎伸二(大阪府立大学大学院)
16:50
閉会の挨拶
参加申込み・
問い合わせ先

和歌山県環境衛生研究センター 微生物グループ 桑田 昭
TEL 073-423-9570 FAX 073-423-8798
E-mail kuwata_a0001@pref.wakayama.lg.jp

チラシの
ダウンロード
第37回学術セミナー案内チラシ(pdfファイル)

平成24年の他団体主催セミナー開催日程

2012年度 日本乳酸菌学会 秋期セミナー
乳酸菌・腸内細菌の培養工学と新たな機能性
―分離・培養技術からシングルセル・ゲノミクスまで―

本年度の秋期セミナーを、明治大学生田校舎で、11月30日に開催します。参加および懇親会受け付けは当日会場にて行いますので、下記の参加費・懇親会の項をご参照ください。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

日本乳酸菌学会秋期セミナー実行委員一同

日時 2012年11月30日(金)10:00~17:30
会場 明治大学 生田校舎 中央校舎6F メディアホール
プログラム
10:00~10:05
開会挨拶
北里大学獣医学部 山本 裕司
10:05~10:45
嫌気性菌と酸素 ―0~21%の様々なO2濃度における微生物生態―
東京農業大学 応用生物科学部 川崎 信治
10:45~11:25
Lactococcus lactis菌株との共培養による高生残性ビフィズス菌入りヨーグルト製造技術の開発
森永乳業株式会社 食品基盤研究所 清水 金忠
11:25~11:35
休憩
11:35~12:15
ヨーグルト乳酸菌が産生する菌体外多糖の利用と培養条件の影響
株式会社明治 食機能科学研究所 牧野 聖也
12:15~12:50
留学報告
東京農業大学 応用生物科学部 梶川 揚申
12:50~14:00
昼休み
14:00~14:40
腸内ポリアミン濃度コントロールと保健効果
協同乳業株式会社 研究所技術開発室 松本 光晴
14:40~15:20
ヒト腸内菌叢研究のためのin vitro およびin vivo 実験系
東京大学大学院 農学生命科学研究科 平山 和宏
15:20~15:30
休憩
15:30~16:10
大規模シークエンス情報解析時代の未知微生物探索
独立行政法人 産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 玉木 秀幸
16:10~16:50
ゲノムから解き明かす難培養性微生物の機能
東京工業大学 大学院生命理工学研究科 本郷 裕一
16:50~17:30
総合討論 & 泊まり込みセミナー報告
17:30
閉会
参加費 会員 4,000 円、非会員 5,000 円、学生無料(要学生証提示)
賛助会員様につきましては、1口につき1名を無料でご招待させていただきます。招待券を郵送しますので、当日会場にお持ちください。
懇親会 18:00~20:00(同キャンパス内の食堂を予定)
一般 4,000 円、学生 1,000 円
総合討論での質問
について
総合討論では講師の先生方への事前の質問を受け付けております。セミナー事務局までe-mail でお送り下さい。なお時間の都合上すべての質問に回答できない場合がありますので、予めご了承ください。
交通手段

会場への交通手段につきましては、下記のリンクをご参照ください。
リンク: http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/ikuta/access.html

問合わせ先 不明な点につきましては、事務局までお問い合わせください。
秋期セミナー事務局 北里大学獣医学部 山本裕司 
E-mail: seminar@jslab.jp
第46回 腸炎ビブリオシンポジウムのご案内

 第46回腸炎ビブリオシンポジウムを緑豊かな湯布院温泉で下記のとおり開催いたしますので、ご案内申し上げます。
 皆さま、奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

第46回腸炎ビブリオシンポジウム世話人
大分県衛生環境研究センター微生物担当
主幹研究員緒方喜久代

日時 2012年11月15日(木)13:00~11月16日(金)12:00
会場 日本文理大学湯布院研修所
〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上茶屋の上3366-4
Tel:0977-84-4327
Fax:0977-84-5795
URL:http://www.nbu.ac.jp/~ones/yufuin/
アクセス:
空路:大分空港より車で60分(由布院駅まで空港リムジバスあり)
自動車:大分自動車道湯布院インターより
鉄道:JR九州久大本線由布院駅より車で4分
プログラム
  1. 一般演題:口頭発表のみ
    腸炎ビブリオを含む食水系腸管感染症起因細菌の検出・同定法、疫学、病原遺伝子等全分野に関する演題を募集いたします。検査機関、保健所等行政機関、衛生研究所、大学の先生方のご発表をお願いいたします。
  2. 特別講演I:11月15日(木)16:30~17:30
    「16SrRNA 遺伝子のクローニング法による細菌叢解析」
    産業医科大学医学部微生物学教室谷口初美先生
  3. 特別講演II:11月16日(金)9:30~10:30
    「ヒラメに寄生するKudoa 属粘液胞子虫」(仮題)
    大分県農林水産研究指導センター水産研究部福田穣先生
  4. 懇親会:11月15日(木)シンポジウム終了後、湯布院研修所内会場にて開催いたします。
演題、参加、懇親会
および宿泊申込み
演題、参加、懇親会および宿泊申込み締め切り:
2012年9月21日(金)必着
演題申込用紙(http://www.pref.oita.jp/soshiki/13002/vibrio46.html でご案内)に所定の事項をご記入のうえ、可能な限り、E-mail:ogata-kikuyo@pref.oita.lg.jp にてお申込みください。その際、メールの件名には「腸ビシンポジウム申込み」と必ず明記してください。参加、懇親会申込みにつきましては、当日受け付けも可能ですが、準備の都合上、出来る限り上記期日までにお申込みをお願いいたします。なお、宿泊につきましては、当日の受け付けはできませんので、ご注意ください。受信後、1 週間以内に確認メールを返信いたします。確認メールが届かない場合は、事務局まで電話またはFAX にてご連絡ください。
参加申込書のダウンロード
講演抄録 講演抄録締め切り:2012年10月19日(金)必着
講演抄録は別紙要領で作成し、E-mail:vibrio46oita@gmail.com(取りまとめ責任者:成松浩志)にてお送りください。その際、メールの件名には「腸ビシンポジウム講演抄録」と必ず明記してください。
抄録原稿記載要領のダウンロード
発表用の
パワーポイント
発表用のパワーポイント締め切り:2012年11月5日(月)必着
Windows 版のPowerPoint で作成してください。事前に動作確認を行いますので、E-mail:vibrio46oita@gmail.com(取りまとめ責任者:成松浩志)にてお送りください。その際、メールの件名には「腸ビシンポジウムPP」と必ず明記し、同時に、PPファイルのバージョンをお知らせください。
参加費、宿泊費
シンポジウム参加費 会員1000円、非会員2000円
懇親会費 3000円
宿泊費 6000円(湯布院研修所施設、1泊朝食付き)

当日、受付にてお支払いください。

問い合せ
および
FAX にての申込み先
〒870-1117 大分県大分市高江西2-8
大分県衛生環境研究センター微生物担当内
第46回腸炎ビブリオシンポジウム事務局/ 世話人緒方喜久代
Tel:097-554-8984、Fax:097-554-8987
E-mail:ogata-kikuyo@pref.oita.lg.jp
ifia JAPAN 2012
食の安全・科学フォーラム 第11回セミナー
今注目すべき食品の規格と検査
主催 日本食品微生物学会・日本食品衛生学会・日本食品化学学会
共催 食品化学新聞社
日時 平成24年5月23日(水) 10時00分~17時(受付開始9時30分)
会場 東京ビッグサイト 会議棟1階
募集人員 400名(事前申し込み締め切り 5月11日)
受講料
事前申し込み(主催学会会員) 8,000円
事前申し込み一般 10,000円
当日申し込み(会員割引なし) 12,000円
プログラム
(予定)
10:00-10:02
総合司会挨拶
日本食品微生物学会担当者
10:02-10:10
主催者代表挨拶
日本食品化学学会担当者
第一部 今注目すべき化学物質の規格と検査
10:10-11:00
食品中の放射性物質規格と放射性物質検査の信頼性
国立医薬品食品衛生研究所 松田りえ子 氏
11:00-11:50
組換え微生物由来の食品添加物の安全性評価のプロセス
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 澤田 純一 氏
11:50-12:20
輸入解禁となった遺伝子組換えパパイヤの検査法
国立医薬品食品衛生研究所 手島 玲子 氏
12:20-12:35
ショートQタイム(第一部演題)
休憩 *西1,2ホール展示会場へお運びください
第二部 今注目すべき微生物の規格と検査
14:00-14:50
生食用食肉規格とそれに係わる腸内細菌科菌群試験法
日本食品分析センター 浅尾 努 氏
14:50-15:40
食品中のリステリア規格策定~Codex等海外動向と国内進捗状況~
国立保健医療科学院 豊福 肇 氏
休憩
第三部 食中毒トピックス
15:50-16:40
国内外で多発する腸管出血性大腸菌O157およびNonO157食中毒の特徴と事例
財団法人 東京顕微鏡院 食と環境の科学センター 伊藤 武 氏
16:40-16:45
閉会挨拶
日本食品衛生学会担当者
16:45-17:00
ショートQタイム(第二部、第三部演題)
申し込み先 (株)食品化学新聞社
TEL 03-3238-7818 FAX 03-3238-7898(芳中、今立)
申し込み用紙ダウンロード(ワードファイル)
AOACインターナショナル日本セクション 第15回総会・2012シンポジウム(東京)のご案内
テーマ 「食品分析法の国際標準化とAOAC Internationalの活動」
日時 2012年6月2日(土)10:00―17:00
場所 東京農工大学 小金井キャンパス  140周年記念会館(エリプス)
プログラムおよび
参加申し込み方法
http://www.aoacijs.org/symposium.html
過去の総会・セミナー開催実績