• 入会案内
  • お問い合わせ
  • 日本微生物学連盟

総会・セミナー

  1. ホーム
  2. 総会・セミナー
  3. 過去の総会・セミナー開催実績
  4. 平成25年度の総会・セミナー開催実績

平成25年度の総会・セミナー開催実績

平成25年度の総会開催日程

第34回日本食品微生物学会学術総会

第34回日本食品微生物学会学術総会の閉会にあたって

第34回日本食品微生物学会学術総会を、平成25年10月3日(木)4 日(金)の両日、タワーホール船堀(東京都江戸川区)にて、無事、盛会裏に終了することができましたことを、厚く御礼申し上げます。
多くの皆様のご参加を頂き、活発な情報交換と討論の場となりましたことを、大変有難く思っております。
当日は、何かと不行き届きな点があったものと存じますが、何卒、ご容赦頂けます様お願い申し上げます。
本学術総会開催にあたり、多大なご指導およびご尽力頂きました諸先生、関係各位、並びに暖かいご支援を頂きました企業・団体各位に、心より厚く御礼申し上げます。

第34回日本食品微生物学会学術総会 総会長 木村 凡
(東京海洋大学大学院)

第34回日本食品微生物学会学術総会の開催にあたって

 第34回日本食品微生物学会学術総会を、平成25年10月3日・4日の両日、タワーホール船堀(東京都江戸川区)にて開催いたします。現在、東京海洋大学食品微生物研究室を中心に準備が進められています。本学会は、設立当初より、大学の教員、国の機関、あるいは各地方自治体の研究者、民間企業の現場での検査、品質管理室担当者など、産学官が一体となり活動しています。本年の学術総会もこの理念に沿って、産学官各分野の専門性、特長を生かして、特別講演1件、教育講演3件、シンポジウム2件を企画してみました。
 また、本学術総会では、30周年記念学術総会以来はじめてとなるポスターセッションを導入いたしました。口頭発表ではフロアからの質問時間はかなり制限されますが、ポスター・セッションでは多くの関連研究者や民間企業の品質管理担当者などと、じっくりと意見交換や、討論することが可能となるメリットがあります。もちろん、これまでの口頭発表も並列して行います。講演者の方は申し込みの際に、「口頭発表」か「ポスター発表」かのご希望をお知らせいただくことになります。
 日本食品微生物学会の学術総会は、1年に1度の会員による学術交流の場です。産官学の食品微生物に携わる研究者、技術者、品質管理担当者が、直接に会い、意見を情報を交換できる素晴らしい場です。多くの皆様が、初秋の東京にご参集され、活発な情報交換をされることを期待しています。

第34回日本食品微生物学会学術総会 総会長 木村 凡
(東京海洋大学)
第34回学術総会ホームページ

日時 平成25年10月3日(木)~4日(金)
会場

タワーホール船堀 (東京都江戸川区船堀4-1-1)

プログラム 特別講演
日 程:10月3日(木)
講演者:藤井建夫(東京家政大学)
演 題:腐敗と発酵のはざまの研究生活で垣間見たもの

教育講演1
日 程:10月3日(木)
講演者:吉浪 誠 (イカリ消毒株式会社)
演 題:食品製造現場におけるカビ汚染の原因究明と対策

教育講演2
日 程:10月4日(金)
講演者:泉谷秀昌(国立感染症研究所) 
演 題:食品を介した抗生物質耐性菌の世界的感染拡大について

教育講演3new
日 程:10月4日(金)
講演者:大槻公一(京都産業大学)
演 題:鳥インフルエンザウイルス
――その生態、新型インフルエンザウイルスへの変異メカニズム、農場から食卓までの安全管理

シンポジウム1
「世界的に注目される食中毒微生物の最先端研究――生態学的視点を中心に」
 日 程:10月3日(木)
  1. 密接にかかわる腸管出血性大腸菌の病原性と生存戦略――ドイツの腸管出血性大腸菌O104食中毒から見えてきたこと
    山崎伸二(大阪府立大学)
  2. カンピロバクターとヒトとの戦い―人類は多様な生存戦略を持つカンピロバクターを防除できるのか?―
    三澤尚明(宮崎大学)
  3. 世界の家畜、環境、人をめぐるサルモネラの最新動向
    森田幸雄(東京家政大学)
  4. ノロウイルスの生き残り戦略に関する最新の知見
    野田 衛(国立医薬品食品衛生研究所)
  5. 検証:なぜ日本の腸炎ビブリオ中毒は減少したのか?
    工藤由起子(国立医薬品食品衛生研究所)

シンポジウム2
「食品微生物の基礎知識の再構築」
 日 程:10月4日(金)
  1. 意外と盲点―検査培地の選択/識別の基本原理の理解
    水落慎吾(日水製薬株式会社)
  2. 主要な保存料・日持ち向上剤の抗菌メカニズム―どこまで解明されているか?
    小磯博昭(三栄源エフ・エフ・アイ株式会社)
  3. 野菜の洗浄・殺菌の最新技術と見落としがちな盲点
    福崎智司(三重大学)(所属は2013年4月1日から)
  4. 新しい分子生物学的手法の応用と今後の展望
    高橋 肇(東京海洋大学)

トピックスnew
日 程:10月3日(木)
講演者:小久保彌太郎 ( 公益社団法人日本食品衛生協会)
演 題:ICMSF 日本委員会の設立について


一般演題
  Adobe Readerを使ったを使った口頭発表(発表時間8分、討論時間2分を予定)
  もしくは、ポスター発表
  優れた発表に対し「優秀発表賞」「優秀ポスター賞」として表彰します。
参加受付 一般演題申し込み受付はこちら
参加費 講演要旨集代を含みます。
正会員事前登録 6,000円
正会員当日登録 7,000円
非会員(当日のみ) 8,000円
学生会員 1,000円
講演要旨集のみ 3,000円
事前登録締め切り     8月30日(金)
*参加費の払い込みは、学会誌第30巻1号、2号に綴じ込みの振込用紙をご利用ください。
 なお、振り込み後の返金はできませんので、ご了解をお願いします。

振込先:
・郵便局(払込取扱票)口座番号:00150-2-418247
 加入者名:第34回日本食品微生物学会学術総会事務局
学術交流会 日時 平成25年10月3日(木) 19:00~21:00  場所 タワーホール船堀
会費 5,000円
事前登録締め切り 8月30日(金)
*できる限り事前登録をお願いします。当日も受け付けますが、定員になり次第締め切ります。
一般演題募集 ・発表演題申込:4月1日(月)~7月19日(金)
・講演要旨提出:6月3日(月)~8月16日(金)
・発表用PDFファイルの提出締切日:9月24日(火)
(提出ファイルはPowerPointファイルではなく、PDFファイルです。ご注意ください。)
  • 発表演題、講演要旨ともに、本学術総会専用のホームページよりお申し込みください。
    口頭発表・ポスター発表のいずれかの希望区分をお選びください。希望発表区分を優先しますが、時間およびスペースの制約で希望に添えない場合がありますので,あらかじめご了承ください。
  • 発表者は、正会員および学生会員に限ります。共同発表者はその限りではありません。
  • 発表は、すべて液晶プロジェクターを用いて行います。会場に用意するプレゼンテーションソフトは、Adobe Readerです。
  • 発表用ファイルは、MS PowerPoint等で作成して頂き、PDFファイルに変換し、下記事務局あてにメールで送付ください。なお、容量が大きくメール送付が不可能な場合、もしくは、セキュリティー上メールでの送付を希望されない場合、電子記録媒体で事務局まで郵送してください(電子記録媒体は原則返却いたしませんが、返却希望をされる場合、返却いたします)。お送りいただいたPDFファイルは、学術総会終了後、責任を持って破棄します。
  • プレゼンテーション用ファイルは、予め、最新バージョンのAdobe Readerでの動作確認をお願いいたします。 Adobe Readerでは、『フルスクリーンモード』での動作確認をお願いいたします。
  • ポスター発表は、持参したポスターを各自でパネルに貼付け、ポスター掲示の準備を準備をしてください。
宿泊案内等 斡旋はいたしませんので、各自でご手配をお願いします。
事務局 〒108-8477 東京都港区港南4-5-7
東京海洋大学  大学院 海洋科学技術研究科 研究院 海洋科学系 食品生産科学部門内
第34回日本食品微生物学会学術総会事務局
担当:久田 孝(くだ たかし)
TEL (FAX):03-5463-0602
Email:kuda@kaiyodai.ac.jp

平成25年のセミナー開催日程

第40回日本食品微生物学会学術セミナー(長野)開催のご案内
開催日時 平成25年8月22日(木) 13時00分~17時30分
開催場所

長野市生涯学習センター(TOIGO-WEST) 4F「大学習室1」
〒380-0834 長野市大字鶴賀問御所町1271-3 TEL:026-233-8080

アクセス

【アクセス】

  • JR長野駅善光寺口より徒歩10分
  • 長野電鉄市役所前駅から徒歩約5分
  • バス JR長野駅善光寺口乗車(昭和通り下車)
  • 会場の駐車場(有料)は限りがございますので、なるべく公共交通機関をご利用いただきますようお願いいたします。

参加・資料代 3,000円(料金の徴収は、開催当日会場で行います。)
参加定員 150名(受付は先着順とし,定員になり次第終了します。)
参加申込方法 下記の申込書に記入し、ファックスまたは電子メールでお申し込み下さい。
開催案内、参加申込書のダウンロード
プログラム
メインテーマ「食品の安全性の確保を目指して」
~いかに消費者の安心に繋げていくか~
12:30
受付開始
13:00
開会
長野県における食品の安全性確保の現状と展望
長野県健康福祉部食品・生活衛生課 高木 正明
飲料水が原因となった複数の腸管出血性大腸菌による食中毒事例から水の衛生を考える
長野県環境保全研究所 笠原 ひとみ
広域に発生した毒素原性大腸菌O148食中毒事例から野菜加工施設の衛生管理を考える
長野市保健所 北原 瑞枝
生食される食品の衛生管理について考える
元国立医薬品食品衛生研究所 山本 茂貴
東海大学海洋学部
長野県特産品の安全確保技術と美味しさの探求
長野県工業技術総合センター 大日方 洋
17:30
閉会
第39回日本食品微生物学会学術セミナー(徳島)
開催日時 平成25年3月12日(火) 12時30分~17時00分
開催場所

あわぎんホール(徳島県郷土文化会館) 4階「大会議室」
〒770-0835 徳島県徳島市藍場町2丁目14番地 TEL:088-622-8121

アクセス

【アクセス】

  • 徳島駅より徒歩8分
  • 鳴門インターチェンジより車で25分
  • 徳島インターチェンジより車で20分
  • 徳島空港より車で20分
  • 空港連絡バスで25分,徳島駅下車 徒歩8分
  • 周辺駐車場あり

参加・資料代 3,000円 (料金の徴収は、開催当日会場で行います。)
参加定員 200名(受付は先着順とし,定員になり次第終了します。)
参加申込方法 下記の申込書に記入し、ファックスまたは電子メールでお申し込み下さい。
開催案内、参加申込書のダウンロード
プログラム
メインテーマ「食の安心・安全確保のための様々な取り組み」
12:00
受付開始
12:30
開会挨拶
食品表示をめぐる現状と今後の課題
消費者庁 食品表示課 安藤峰央
加工食品における微生物汚染の現状と対策
徳島県立工業技術センター 岡久修己
食品製造施設における安心・安全に向けた取り組み
四国化工機株式会社 堤 英輔
調理過程での大腸菌O157の病原性抑制
神戸女子短期大学 逵 牧子
発酵食品や佃煮等のクレームと対策
香川県産業技術センター 末澤保彦
百貨店における食の安全・適正表示の推進
株式会社 髙島屋MD本部 木谷一成
16:55
閉会挨拶

平成25年の共催セミナー開催日程

ifia JAPAN 2013・食の安全・科学フォーラム 第12回セミナー
現場で使える食品安全管理システム
日時 平成25年5月15日(水)10時~17時(受付開始9時30分)
場所 東京ビッグサイト 会議棟6階
主催 日本食品微生物学会・日本食品衛生学会・日本食品化学学会
共催 食品化学新聞社
募集人員

120名(事前申し込み締め切り 5月1日)
*定員になり次第締め切り

受講料
事前申し込み(主催学会会員) 8,000円
事前申し込み一般 10,000円
当日申し込み(会員割引なし) 12,000円
日程(予定)
10:00-10:02
総合司会挨拶
日本食品微生物学会代表 駒木 勝 氏
10:02-10:10
主催者代表挨拶 (趣旨説明)
日本食品衛生学会代表 小西 良子 氏
第一部 自社の現場に最適な食品安全管理システムとは?
10:10-10:50
HACCPを基本とした食品安全マネジメントシステム-ISO22000のコンセプト
東海大学 荒木 惠美子 氏
10:50-11:30
世界に通用する衛生管理手法とは(仮)
国立保健医療科学院 豊福 肇 氏
11:30-12:10
FSSC22000の概要と取得手続き(仮)
公益財団法人日本適合性認定協会 生駒 雅和 氏
12:10-12:40
ISOとGMPを有効に活用して製品の安全を徹底管理(仮)
食添GMP審査員・ISO審査員(元田辺三菱製薬)北田 薫 氏
12:40-12:55
ショートQタイム(第一部演題)
*講師が個別の質問に対応いたします。
休憩
*西1,2ホール展示会場へお運びください
第二部 食品安全に係わる現場の悩みに答えます!
14:00-14:40
食品工場監査における問題点と課題について
(株)BMLフード・サイエンス技術相談役
(元東京海洋大学大学院教授) 日佐 和夫 氏
14:40-15:20
こんなところにかび?―食品工場のかび対策のノウハウ―(仮)
NPO法人カビ相談センター 高鳥 浩介 氏
15:20-16:00
事例でわかる現場の従業員教育(仮)
イカリ消毒(株)CLT研究所
16:00-16:05
閉会挨拶
日本食品化学学会代表 手島玲子 氏
16:05-16:20
ショートQタイム(第二部演題)
申し込み・
問い合わせ先
(株)食品化学新聞社(今立 芳中 )
TEL 03-3238-7818 FAX 03-3238-7898

平成25年の他団体主催セミナー開催日程

日本防菌防黴学会・女性研究者の会主催 第12回学術講演会
日時 平成25年11月29日(金) 13:00 ~ 17:00
会場 女子栄養大学 駒込キャンパス (東京都豊島区駒込3-24-3)
プログラム
【特別講演】食の安全性について
         熊谷 進(内閣府食品安全委員会 委員長)
「テーマ:生活環境における微生物汚染と対策」
講演1:
キッチンの微生物汚染と対策
 李 憲俊(衛生微生物研究センター)
講演2:
洗濯における微生物汚染とその対策
 牧 昌孝(花王株式会社)
講演3:
浴室および浴槽水の微生物汚染と対策
 山岸 弘(ライオン株式会社)
講演4:
トイレの微生物汚染および臭いとその対策
 山本 政弘(TOTO株式会社)
参加費  会員 4,000円・非会員 5,000円(含講演要旨集代)
参加費は当日会場でお納め下さい。
申込み 当日参加も可能ですが、なるべく事前登録をお願いします。
申込先 TOTO(株) 総合研究所 竹下朱美
E-mail:akemi.takeshita@jp.toto.com または
FAX: 0467-54-1171 まで申し込み下さい。
参加条件 女性に限りませんので、男性の方もご参加下さい。
2013年度日本乳酸菌学会 秋期セミナー 乳酸菌・ビフィズス菌利用研究の新たな展開
日時 2013年11月29日(金)10:00~17:30
会場 東京農業大学世田谷キャンパス
東京都世田谷区桜丘1-1-1(18号館2F 大講義室)
実行委員長 東京農業大学 佐藤 英一
参加費 会員 4,000 円、非会員 5,000 円、学生無料(要学生証提示)
懇親会 一般 3,000 円、学生 1,000 円
プログラム
  1. 乳酸菌による多能性細胞の創造
    熊本大学大学院 太田 訓正
  2. ビフィズス菌を利用した固形がん治療の試み
    信州大学大学院 谷口 俊一郎
  3. Lactococcus lactis JCM5805株の抗ウイルス免疫賦活能に関する研究
    キリン株式会社 藤原 大介
  4. 腸管保護作用を有するポリリン酸高生産乳酸菌の開発
    サッポロビール株式会社 瀬川 修一
  5. 乳酸菌バクテリオシンの探索と利用
    九州大学大学院 善藤 威史・園元 謙二
  6. プロバイオティクスの安全性をどのように考えるか
    国立医薬品食品衛生研究所 五十君 靜信
  7. 留学報告 オランダ・ワーゲニンゲン大学での研究について
    独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 齋藤 勝一
  8. 総合討論
当日受付となりますので、会場にて参加手続きをお願い致します。プログラムの詳細や会場への交通手段につきましては、学会ホームページ(http://jslab.jp/)をご参照ください。
問合せ先 秋期セミナー事務局 北里大学獣医学部 山本裕司 E-mail: seminar@jslab.jp
第47回 腸炎ビブリオシンポジウム ~Symposium on Vibrios~

腸炎ビブリオを中心に病原性ビブリオに関する研究・調査の成果を発表し,情報交換を行いますので、ご案内申し上げます。

第47回腸炎ビブリオシンポジウム世話人
広島大学 生物圏科学研究科 食品衛生学 島本 整

日時 2013年11月14日(木)13:00~11月15日(金)12:00
会場 広島大学 東広島キャンパス内 学士会館 (東広島市鏡山1-2-2)
http://www.hiroshima-u.ac.jp/gecbo/p_3e2399.html
プログラム 第1日: 一般講演
     特別講演
     「巨大エチゼンクラゲの大発生:原因・予測・対策」
     広島大学 副学長・大学院 生物圏科学研究科 教授 上 真一
第2日: 一般講演
     教育講演
     「腸炎ビブリオ発見から60年余、後日談と研究の進展」
     岡山大学インド感染症共同研究センター長・特任教授 篠田純男
懇親会:11月14日シンポジウム終了後、西条HAKUWAホテル
参加費 一般会員3,000円  非会員4,000円 学生無料。
(懇親会費: 一般会員・非会員ともに会費3,000円。学生無料。)
申込方法 ①氏名②所属③連絡先(郵便番号・住所・Tel/Fax・E-mailアドレス)をご記入の上、葉書・Fax・E-mailにて下記へお申込み下さい。HPからも受け付けできます。
・演題・参加・懇親会締切: 平成25年9月20日(金)必着
・講演抄録締切: 平成25年10月18日(金)必着
・発表用パワーポイント締切: 平成25年11月5日(火)必着
 *作成要項や送付方法はHPを参照して下さい。
申込・問合せ先 広島大学 生物圏科学研究科 食品衛生学 島本 整
〒738-8528 広島県東広島市鏡山1丁目4-4
Tel&Fax:082-424-7897, Tel:082-424-7921
E-mail:fmh@hirohsima-u.ac.jp
HP: http://home.hiroshima-u.ac.jp/fmh/vpara47/index.html
日本防菌防黴学会・女性研究者の会主催 第11回学術講演会
日時 平成25年6月28日(金)13:00~17:00
会場 女子栄養大学 駒込キャンパス (東京都豊島区駒込3-24-3)
プログラム
「テーマ:製造環境における微生物汚染と対策」

講演1:
特別講演 製造環境で問題となるカビ汚染
 高鳥 浩介(NPO法人カビ相談センター)
講演2:
製造環境における迅速測定方法
 本間 茂(キッコーマンバイオケミファ株式会社)
講演3:
食品・飲料製造環境における微生物汚染の現状と対策
 林田 瑞穂(一般財団法人 東京顕微鏡院)
講演4:
医薬品製造環境における微生物汚染の現状と対策
 松本 泉(メルク株式会社)
講演5:
化粧品製造環境における微生物汚染の現状と対策
 藤岡 耕太郎(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社)

参加費  会員 4,000円・非会員 5,000円(含講演要旨集代)
参加費は当日会場でお納め下さい。
申込み 当日参加も可能ですが、なるべく事前登録をお願いします。
申込先 TOTO(株) 総合研究所 竹下朱美
E-mail:akemi.takeshita@jp.toto.com または
FAX: 0467-54-1171 まで申し込み下さい。
参加条件 女性に限りませんので、男性の方もご参加下さい。
電気泳動と質量分析による微生物の分析
日時 2013年6月21日(金)10:00~17:00
会場 日東紡ビル4Fホール(東京駅八重洲口)
参加費 参加無料、要登録63rd_symposium@jes1950.jp
プログラム

植物病原菌研究に対する新技術への期待
 農業生物資源研究所 梶原英之

PCR-DGGEによる土壌微生物の分析
 農業環境技術研究研 對馬誠也

2D-DIGE解析を用いたVibrio vulnificus M2799株の鉄取り込み機構に関与するタンパク質群の網羅的解析
 大阪薬科大学 宮本勝城

質量分析法を用いた細菌同定の原理と今後の展望
 岐阜大学 大楠清文

微生物検査室における質量分析計(MALDI-biotyper)の応用
 千葉大学 渡邊正治

MALDI/TOF MSを用いた酵母菌の識別と品質管理の現状
 製品評価技術基盤機構 川崎浩子

HPCEによる微生物の迅速分離とその応用
 産業総合技術研究所 鳥村政基

新技術セミナー
 ブルカーダルトニクス社
 GEヘルスケア社

お問合せ先 農業生物資源研究所
梶原英之
kajiwara@affrc.go.jp

詳しくはこちら
過去の総会・セミナー開催実績