• 入会案内
  • お問い合わせ
  • 日本微生物学連盟

総会・セミナー

  1. ホーム
  2. 総会・セミナー
  3. 過去の総会・セミナー開催実績
  4. 平成26年度の総会・セミナー開催実績

平成26年度の総会・セミナー開催実績

平成26年度の総会開催日程

第35回日本食品微生物学会学術総会

第35回日本食品微生物学会学術総会の閉会にあたって

9月17日(木)、18日(金)の2 日間、大阪府立大学で開催した第35回日本食品微生物学会学術総会は、多くの皆さまにご参加いただき、盛会のうちに終了することができました。
当日は、何かと不行き届きな点があったものと存じますが、何卒、ご容赦頂けます様お願い申し上げます。
開催に当たって様々な形でのご協力およびご支援をいただいた皆さまに深く感謝申し上げます。

第35回日本食品微生物学会学術総会長 三宅 眞実 (大阪府立大学)

第35回日本食品微生物学会学術総会開催のご案内(第2報)

第35回日本食品微生物学会学術総会を以下のとおり開催致します。
多くの会員各位のご発表とご参加、および関係各位のご来場をお待ちしております。
 一般演題はすべて口頭発表とします。演題の申し込み、講演要旨の提出は本学術総会ホームページ(http://www.jsfm.jp/conf/2014/)からお願いします。また、事前参加登録は本誌綴じ込みの振込用紙でお願い致します。

第35回日本食品微生物学会学術総会長 三宅 眞実 (大阪府立大学)

会期 平成26年9月18日(木)〜 9月19日(金)
会場

大阪府立大学中百舌鳥キャンパス(大阪府堺市中区学園町1−1)
南海電鉄 高野線 白鷺駅下車(徒歩約12分)
大阪市営地下鉄 御堂筋線 なかもず駅下車(徒歩約20分)

プログラム 決定次第、順次、本学術総会ホームページ(http://www.jsfm.jp/conf/2014/)に掲載します。
特別シンポジウム
 「わが国のボツリヌス研究の温故知新 ~阪口玄二先生の研究に焦点を当てて~」
   日程:9月18日(木)
   司会:三宅 眞実(大阪府立大学)

  1. 阪口玄二先生とボツリヌス毒素研究(仮題)
    小崎 俊司(大阪府立大学)
  2. ボツリヌス毒素研究の新知見(仮題)
    藤永 由佳子(大阪大学微生物病研究所)
  3. ボツリヌス・トキソイドワクチンの開発(仮題)
    高橋 元秀(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)
教育講演 I
日 程:9月18日(木)
講演者:日佐 和夫(一般社団法人日本トレーサビリティ協会)
演 題:「グローバル化に対応した食品工場監査」

教育講演 II

日 程:9月19日(金)
講演者:大野 博司(理化学研究所)
演 題:「宿主-腸内フローラ相互作用」

シンポジウム I
「グローバル化を迎えた食品微生物学の課題」
日 程:9月18日(木)
司 会:大澤 朗(神戸大学食の安全安心科学研究センター)、三宅 眞実(大阪府立大学)

  1. グローバル化に対応する食品衛生行政(仮題)
    未 定(厚生労働省・医薬食品局食品安全部)
  2. グローバル化に対応する食品産業の課題(仮題)
    平山 健(株式会社ゼンショーホールディングス)
  3. グローバル化と食品微生物検査の考え方(仮題)
    豊福 肇(山口大学)
  4.  パネルディスカッション
シンポジウム II
「食品の品質確保における期限表示のあり方」
日 程:9月19日(金)
司 会:小笠原 準(大阪市立環境科学研究所)、梅迫 誠一(株式会社ダイヤ)

  1. 食品期限表示のためのガイドラインについて(仮題)
     山本 茂貴(東海大学)
  2. 包装食品の腐敗・変敗(仮題)
     久田 孝(東京海洋大学)
  3. 民間検査機関における食品期限表示設定のための検査の現状(仮題)
     西井 成樹(株式会社ファルコライフサイエンス)
  4. 食品製造業における食品期限表示設定の実際(仮題)
     谷川 基喜(モロゾフ株式会社)

日本食品微生物学会研究奨励賞 受賞記念講演(予定)
 一般演題  すべて口頭発表で行います。演題の募集は5月19日(月)から開始します。
優れた発表を「優秀発表賞」として表彰します。

参加資格 会員、非会員を問わず、どなたでも参加できます。
参加費 講演要旨集代を含みます。(講演要旨集のみ 3,000円)
正会員事前登録 6,000円
正会員当日登録 7,000円
非会員(当日のみ) 8,000円
学生会員 3,000円
事前登録締め切り     8月8日(金)
*参加費の払い込みは、本誌綴じ込みの振込用紙をご利用ください。
なお、ホームページ上でのクレジット決済は行いません。
学術交流会 日 程: 平成26年9月18日(木) 19:00〜21:00(時間は予定)
場 所: ホテル・アゴーラ リージェンシー堺(堺市堺区戎島町4-45-1)
      (学会会場より送迎バスを用意します)
      会 費: 7,000円
* できる限り事前登録をお願いします。当日も受け付けますが、定員になり次第締め切ります。
* 事前登録締め切り日:8月8日(金)
一般演題募集 ・発表演題申込:5月19日(月)~ 7月10日(木)
・講演要旨提出:6月9日(月)~ 7月25日(金)
・発表用PDFファイルの提出締切日:9月5日(金)
(提出ファイルはPowerPointファイルではなく、PDFファイルです。ご注意ください。)
  1. 発表演題、講演要旨ともに、本学術総会専用のホームページよりお申し込みください。
  2. 発表者は、正会員および学生会員に限ります。共同発表者はその限りではありません。
  3. 発表はすべて液晶プロジェクターを用いて行います。会場に用意するプレゼンテーションソフトはAdobe Readerです。
  4. 発表用ファイルは、MS PowerPoint等で作成していただき、PDFファイルに変換し、下記事務局あてにメールで送付してください。なお、容量が大きくメール送付が不可能な場合、もしくはセキュリティ上メールでの送付を希望されない場合、電子記憶媒体で事務局まで郵送してください(電子記憶媒体は原則返却致しません)。お送りいただいたPDFファイルは、学術総会終了後、責任を持って破棄します。
  5. プレゼンテーション用ファイルは予め、最新バージョンのAdobe Readerで、「フルスクリーンモード」を用いた動作確認をお願いします。
宿泊案内等 斡旋はいたしませんので、各自でご手配をお願いします。
事務局 〒598-8531
大阪府泉佐野市りんくう往来北1-58
大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科獣医学専攻内
第35回日本食品微生物学会学術総会事務局
担当:星 英之、勢戸祥介、東條真由美

E-mail:jsfm35@vet.osakafu-u.ac.jp Fax:072-463-5711

お問い合せはできるだけE-mailあるいはFaxによりお願いします。
 Tel:072-254-7309(星)、072-463-5695(勢戸)、072-463-5709(東條)

平成26年のセミナー開催日程

第42回日本食品微生物学会学術セミナー(神奈川)開催のご案内
開催日時 平成26年7月17日(木) 12時30分~17時30分(12時受付開始)
開催場所

日石横浜ビル 日石横浜ホール
 〒231-8966神奈川県横浜市中区桜木町一丁目1番地8
http://www.nybldg.jp/index.html

アクセス

【アクセス】
  • JR京浜東北・根岸線、横浜市営 地下鉄「桜木町」駅より徒歩4分。
  • みなとみらい線「みなとみらい」駅からは、 ランドマークを通り抜け徒歩6分。
  • 会場の駐車場(有料)は限りがございますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
参加・資料代 3,000円 (料金の徴収は、開催当日会場で行います。)
参加定員 150名 (受付は先着順とし、定員となり次第終了します。)
参加申込方法 下記の申込書に記入し、FAXまたは電子メールでお申込み下さい。
参加申込書のダウンロード
プログラム
メインテーマ 「神奈川における安全・安心な食品の提供」
~自治体の取り組みと現場の品質管理から見えてくるもの~
12:00
受付開始
12:30
開 会
  • 神奈川県の食の安全・安心の確保の取組み
    細野正人(神奈川県保健福祉局生活衛生部食品衛生課)
  • 腸管出血性大腸菌感染症事例への対応
    1. 横浜市における事例発生時の調査体制について
      毛利一也(横浜市健康福祉局健康安全部健康安全課)
    2. 焼肉店で発生したO157食中毒事例の行政対応
      池田智宏(川崎市川崎区役所保健福祉センター 衛生課)
  • なぜ日本の腸炎ビブリオ食中毒は減少したのか?
    工藤 由起子(国立医薬品食品衛生研究所 衛生微生物部)
  • ユーコープにおける安全・安心な食品提供の取り組み
    寺井 里枝(生活協同組合ユーコープ 品質管理部)
  • 弁当、総菜における微生物検査の在り方について
    足立 好康(株式会社崎陽軒 東京事業部)
  • GFSI食品安全システムのイオンにおける活用
    宮地 邦明(イオン株式会社 品質管理部)
17:30
閉 会
参加申込み・問い合わせ先 第42回学術セミナー in 神奈川 事務局(神奈川県衛生研究所内)
FAX:0467-83-4457
E-mail:kuroki.gcg3@pref.kanagawa.jp
ご不明な場合(Tel:0467-83-4400 内線2200 黒木俊郎)
チラシ チラシのダウンロード
第41回日本食品微生物学会学術セミナー(宮崎)開催のご案内
開催日時 平成26年3月7日(金) 13時00分~16時45分
開催場所

宮崎市民プラザ 1F 「オルブライトホール」
〒880-0001 宮崎市橘通西1丁目1番2号 TEL: 0985-24-1008

アクセス

【アクセス】

  • 宮崎駅、南宮崎駅からタクシーで10分
  • 宮崎インターから20分
  • 橘1丁目バス停から徒歩約3分
会場の駐車場:松橋駐車場(無料) 37台+身障者2台
大淀川河川敷駐車場(無料)
地下駐車場(有料) 72台+身障者5台(2時間以上は有料となります)

参加・資料代 3,000円 (料金の徴収は、開催当日会場で行います。)
参加定員 300名 (定員になり次第終了します。)
参加申込方法 下記の申込書に記入し、ファックスまたは電子メールでお申込み下さい。
参加申込書のダウンロード
プログラム
メインテーマ 「消費者に安全な食品を供給する様々な取り組み」
12:30
受付開始
13:00
開 会
  1. 宮崎県における生食用鶏肉の食中毒原因菌汚染防止の取り組み
    瀬ノ口 芳文(宮崎県福祉保健部・都城保健所)
  2. 食品の安全を「見える化」する―食中毒のリスクと上手に付き合う方法―
    関口 敏(宮崎大学農学部・産業動物伝染病防疫学研究室)
  3. 対EU輸出水産食品に関する衛生管理の取り組みについて
    櫻木 巨樹(黒瀬水産株式会社 食品部・品質管理課)
  4. 食べる前にわかる「宮崎方式」残留農薬分析技術
    安藤 孝(宮崎県総合農業試験場 生産流通部)
16:45
閉 会

平成26年の共催セミナー開催日程

ifia JAPAN 2014食の安全・科学フォーラム 第13回セミナー&国際シンポジウム
Global Harmonization of Food & Food Additives
主催 日本食品微生物学会・日本食品衛生学会・日本食品化学学会
共催 日本食品添加物協会、ILSI、EU駐日本部、日本香料工業会、食品化学新聞社
日時 平成26年5月21日(水) 9時30分~17時(受付開始9時15分)
場所 東京ビッグサイト 会議棟1階
募集人員 400名(事前申し込み締め切り 5月18日)
受講料
事前申し込み(主催学会・共催団体会員) 12,000円
事前申し込み(主催学会・共催団体会員)第一部のみ 8,000円
事前申し込み(主催学会・共催団体会員)第二部&第三部 8,000円
事前申し込み一般 15,000円
事前申し込み一般 第一部のみ 10,000円
事前申し込み一般 第二部&第三部 10,000円
当日申し込み(会員割引なし) 20,000円
*全講演同時通訳
日 程(予定)
9:30-9:32
総合司会挨拶
日本食品微生物学会 工藤 由起子 氏
9:32-9:40
主催者代表挨拶
日本食品化学学会代表 穐山 浩 氏
第一部 食品・食品添加物規格の国際整合性    座長 ILSIジャパン 山口 隆司 氏
9:40-10:40
世界の食品標準規格としてのコーデックス規格
Codex副議長 Samuel Godefroy 氏
10:40-11:10
食品・食品添加物の国際整合性にむけての日本の取り組み
厚生労働省食品安全部企画情報課国際食品室室長 鷲見 学 氏
11:10-12:00
EUの香料規格と国際整合性
欧州フレーバー協会科学および規制関連部長 Dr. Jan Demyttenaere 氏
昼休み
第二部 食品微生物規格と検査のハーモナイゼーション    座長 山口大学 豊福 肇 氏
13:30-14:20
Codexの微生物規格のガイドライン改定の概要・背景及び業界における適用
国際食品微生物規格委員会 Leon Gorris 氏
14:20-14:50
国際食品微生物規格委員会の役割と日本委員会の設立
日本食品衛生協会 小久保 彌太郎 氏
休 憩
第三部 各国の食品安全事情    座長 日本食品添加物協会 脊黒 勝也 氏
15:00-15:40
EUの新しい食品添加物規格と酵素のリスト化
ノボザイムズジャパン(株)研究開発部門上席研究官  橋田 みよ子 氏
15:40-16:15
中国の食品安全に関する現状と問題点事情最前線
農林水産省農林水産政策研究所上席研究官   河原 昌一郎 氏
16:20-16:50
日本・中国・米国の食品安全規制の比較検討
厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課課長補佐   梅田 浩史 氏
16:50-17:00
閉会挨拶
日本食品衛生学会  富岡 伸一 氏
お申し込み http://www.ifiajapan.com
お問い合わせ事務局 (株)食品化学新聞社 田平、芳中、今立 tel03-3238-7818

平成26年の他団体主催セミナー開催日程

第7回 日本カンピロバクター研究会総会
日時 平成26年12月11日(木)、12日(金)
会場 国立医薬品食品衛生研究所11号館3階講堂
(所在地)〒158-8501 東京都世田谷区上用賀1-18-1
(アクセス)東急田園都市線桜新町駅または用賀駅から徒歩約10分。
http://www.nihs.go.jp/nihs/index2.html#annai
プログラム 12月11日(木) 12:00 受付開始
13:00~18:00 第7回日本カンピロバクター研究会1日目
18:30~情報交換会
12月12日(金) 08:30~09:30 カンピロ研究会世話人会
09:30~12:00 第7回日本カンピロバクター研究会2日目
一般演題(口頭発表のみ)
研究会参加費
(抄録代含む)
会員 2,500円(ご所属の研究会に本年度会費を納められた方)
非会員 3,000円
情報交換会 12月11日(木)18:30~ 会場、会費未定。
申込方法
  1. 全て電子メールでの申込みとします。
    申込先アドレス:hasakura@nihs.go.jp
  2. 申込み方法
    「件名」は「参加申込」とし、以下の項目を本文中にご記入下さい。
    • 氏名
    • 所属
    • 申込み区分(会員、非会員)
    • メールアドレス
    • 住所、電話番号、FAX番号
    • 情報交換会参加の有無
  3. 申込み締切
    平成26年10月31日(金)
  4. 当日の参加も受け付けます。ただし抄録集および情報交換会への参加は余裕がある場合に
    限らせていただきます。
    できる限り、事前申込みをお願いします。
詳しくはこちら
問合わせ先 総会事務局
〒158-8501 東京都世田谷区上用賀1-18-1
国立医薬品食品衛生研究所・食品衛生管理部
朝倉 宏
TEL: 03-3700-9169 FAX: 03-3700-9246
E-mail: hasakura@nihs.go.jp
日本乳酸菌学会2014年度秋期セミナー 酢酸菌研究会第6回研究集会 合同シンポジウム
乳酸菌・酢酸菌の生存戦略と産業利用
日時 2014年12月5日(金)10:00-17:40
会場 日本大学・藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市亀井野1866) 本館大講堂
主催 日本乳酸菌学会 酢酸菌研究会
協賛 日本生物工学会微生物共生活用発酵工学研究部会
プログラム
10:10-11:00
「伝統発酵にみる微生物の共生と進化」
 日本大学 森永 康
11:00-11:35
「酢酸菌利用の歴史と食文化」
 味の素(株) 外内 尚人
11:35-12:10
「ヨーグルト発酵における乳酸菌共生現象に関する最新の研究」
 明治大学 佐々木 泰子
12:10-14:10
昼食・ポスターセッション
14:10-15:00
「Genomic and metabolic features of high resistant acetic acid bacteria」
 University of Geneva François Barja
15:00-15:35
Lactobacillus gasseri CP2305株と微生物・脳腸相関」
 カルピス(株) 藤原 茂
15:45-16:20
「CRISPR/Casシステム:微生物における新規機能とゲノム編集適用例」
 京都大学 相川 知宏
16:55-17:30
「生物多様性条約とは、名古屋議定書とは?-遺伝資源へのアクセスと利益配分の観点から-」
 バイオインダストリー協会 井上 歩
参加費
会員
4000円
非会員
5000円
学生
無料(要学生証提示)
懇親会費
一般
3000円
学生
1000円
申込方法 当日受付
問合わせ先 ポスター発表申し込みおよびその他の問い合わせにつきましては、事務局までお願い致します。
【事務局】北里大学獣医学部 山本裕司 E-mail:seminar@jslab.jp
詳しくはこちら(http://www.jslab.jp/contents/conference/2014/09/2014-2.html
日本防菌防黴学会・女性研究者の会主催第13回学術講演会
日時 平成26年7月18日(金) 13:00 ~ 17:00
会場 女子栄養大学 駒込キャンパス (東京都豊島区駒込3-24-3)
プログラム
【特別講演】人と微生物のかかわり-その歴史的変遷-
         坂上 吉一(近畿大学 日本防菌防黴学会副会長)
「テーマ:食品の微生物汚染と対策」
講演1:
食中毒に関わる微生物汚染の実態
 上田 成子(女子栄養大学)
講演2:
野菜加工現場での洗浄・殺菌の取り組み
 宮下 隆(キューピー株式会社)
講演3:
食肉加工現場での洗浄・殺菌の取り組み
 塚越 慎子(日本ハム株式会社)
講演4:
食品加工現場での最新の洗浄・殺菌技術
 福﨑 智司(三重大学)
参加費 会員 4,000円・非会員 5,000円(含講演要旨集代)
参加費は当日会場でお納め下さい。
申込み 当日参加も可能ですが、なるべく事前登録をお願いします。
申込先 TOTO(株) 総合研究所 竹下朱美
E-mail:akemi.takeshita@jp.toto.com または
FAX: 0467-54-1171 まで申し込み下さい。
参加条件 女性に限りませんので、男性の方もご参加下さい。
日本分類学会連合 公開シンポジウム
生物多様性条約と名古屋議定書が分類学研究分野へ与えるインパクト ~とくに国内措置について~
日時 2014年1月11日(土)13:00~17:30
会場 国立科学博物館(上野本館)講堂
東京都台東区上野公園7-20
申込 事前申込不要
参加費 無料
問合せ先 日本分類学会連合事務局
〒305-0005つくば市天久保4-1-1
国立科学博物館筑波研究施設
TEL:029-853-8901(代表)

詳しくはこちら
過去の総会・セミナー開催実績