• 入会案内
  • お問い合わせ
  • メールマガジン
  • 日本微生物学連盟

総会・セミナー

  1. ホーム
  2. 総会・セミナー
  3. 過去の総会・セミナー開催実績
  4. 平成30年度の総会・セミナー開催実績

平成30年度の総会・セミナー開催実績

平成30年度の総会開催日程

第39回日本食品微生物学会学術総会
お礼
 平成30年9月27日(木)・ 28日(金)の両日、大阪市立大学にて開催いたしました第39回日本食品微生物学会学術総会にご来場いただきました参加者の皆様、協賛やランチョンセミナーの開催あるいは企業展示と広告掲載そして飲料提供などを通じて大会を支援くださいました企業・団体の皆様に心より感謝申し上げます。
 展示・ポスター会場のスペースを確保するために体育館を使用しましたが、初日は想定以上の多数の参加を得て、その熱気に館内が大変暑くなりました。誠に申し訳ございませんでした。ここに衷心よりお詫び申し上げます。
 企業展示の方々やスタッフを含めますと700名を超える多数の方々に参加いただき、口頭発表65題、ポスター発表50題、計115題もの一般演題について活発な発表と討論が行われました。おかげさまで学会としては盛会裏に終了することができたと思っております。心からお礼申し上げます。今回も、厳正な審査により、優れた口頭発表3題とポスター発表2題を選び、それぞれを「優秀発表賞」と「優秀ポスター賞」として表彰させて頂きました。特定の分野に重ならないよう配慮しましたが、各分野ともに優秀な発表が多く審査の先生方には大変お骨折りいただきました
 当日は、何かと不行き届きな点、不手際が多々あったものと存じますが、何卒、ご容赦頂けます様お願い申し上げます。 最後に、本学術総会開催にあたり、多大なご指導およびご尽力頂きました諸先生、関係各位、並びに経済的ご支援を頂きました企業・団体各位に、改めまして深く感謝申し上げます。
平成30年10月1日
第39回日本食品微生物学会学術総会長
西川 禎一
 第39回日本食品微生物学会学術総会を以下のとおり開催いたします。多くの会員各位のご発表とご参加、および関係各位のご来場をお待ちしております。
 一般演題は口頭発表もしくはポスター発表のどちらかを選べます。演題の申し込み、講演要旨の提出は本学術総会ホームページ(http://www.jsfm.jp/conf/2018/)からお願いします。また、事前参加登録は学会誌綴じ込みの振込用紙でお願いいたします。
第39回日本食品微生物学会学術総会
総会長 西川 禎一
(大阪市立大学)
会期 平成30年9月27日(木)〜 9月28日(金)
会場 大阪市立大学杉本キャンパス(大阪市住吉区杉本3-3-138)
JR西日本 阪和線 杉本町駅下車(徒歩約2分)
大阪市営地下鉄 御堂筋線 あびこ駅下車(徒歩約15分)
プログラム 特別シンポジウム
 「健康増進の食品微生物学(仮題)」
日 程:
9月27日(木)
司 会:
西川 禎一(大阪市立大学)、三宅 眞実(大阪府立大学)
  1. 基調講演(仮題)
     福田 真嗣(慶応大学・メタジェン)
  2. アンチエイジングとヨーグルト:(仮題)
     大池 秀明(国研 農研機構)
  3. 産業界の取り組み(仮題)
     演者未定(株式会社 明治)、演者未定(株式会社 ヤクルト)、他
  4. 線虫モデルで見る乳酸菌の長寿効果(仮題)
     小村 智美(奈良女子大学)
教育講演Ⅰ
日 程:
9月27日(木)
司 会:
宮本 敬久(九州大学)
講演者:
今泉 鉄平(岐阜大学)
演 題:
「生食野菜による食中毒の予防:ブランチングについて考える」
シンポジウムI
 「広域散発食中毒の迅速な検出と対応そして予防のために」
日 程:
9月28日(金)
司 会:
寺嶋 淳(岩手大学)
左近 直美(大安研)
  1. 広域散発事例への対応策(仮題)
     泉谷秀昌(感染研)
  2. ウイルス性経口感染症の現状(仮題)
     野田衛(国衛研)
  3. パネルディスカッション
シンポジウムII
 「食品媒介連鎖球菌感染症の疫学・食品微生物学・病原機構」
日 程:
9月28日(金)
司 会:
河合高生(大安研)
  1. 連鎖球菌感染症の疫学(仮題)
     演者未定
  2. 連鎖球菌の病原機構(仮題)
     中川一郎(京都大学)
  3. 連鎖球菌による食中毒事例とその食品における動態(仮題)
     山口貴弘(大安研)
日本食品微生物学会研究奨励賞 受賞記念講演(予定)
一般演題募集要項 口頭発表もしくはポスター発表のどちらか選択。優れた発表を「優秀発表賞」として表彰します。
  • 演題申込期間:5月14日(月)~ 6月29日(金)
  • 講演要旨提出期間:6月11日(月)~ 7月13日(金)
  • 発表用PDFファイルの提出締切日:9月7日(金)
    (提出ファイルはPowerPointではなくPDFファイルです。ご注意ください。)
  1. 発表演題、講演要旨ともに、本学術総会専用のホームページよりお申し込みください。
  2. 発表者は、正会員および学生会員に限ります。共同発表者はその限りではありません。
  3. 発表はすべて液晶プロジェクターを用いて行います。会場に用意するプレゼンテーションソフトはAdobe Readerです。
  4. 発表用ファイルは、MS PowerPoint等で作成していただき、PDFファイルに変換し、下記事務局あてにメールで送付してください。なお、容量が大きくメール送付が不可能な場合、もしくはセキュリティ上メールでの送付を希望されない場合、電子記憶媒体で事務局まで郵送してください(電子記憶媒体は原則返却致しません)。お送りいただいたPDFファイルは、学術総会終了後、責任を持って破棄します。
  5. プレゼンテーション用ファイルは予め、最新バージョンのAdobe Readerで、「フルスクリーンモード」を用いた動作確認をお願いします。
参加資格

会員、非会員を問わず、どなたでも参加できます。

参加費

講演要旨集代を含みます(講演要旨集のみ 3,000円)。

正会員事前登録
6,000円
正会員当日登録
8,000円
非会員(当日のみ)
10,000円

(会場にて年会費5,000円を支払い入会いただけば当日でも正会員として登録可能、是非ご入会ください)

学生会員
無料
*事前登録締め切り:8月17日(金)
*参加費の払い込みは、学会誌綴じ込みの振込用紙をご利用ください。
 なお、ホームページ上でのクレジット決済は行いません。

学術交流会
日程:
平成30年9月27日(木) 19:00~21:00(時間は予定)
場所:
天王寺都ホテル(〒545-0053 大阪府大阪市阿倍野区松崎町1-2-8)
(JR阪和線の乗車券を配布いたします)
会費:
7,000円(当日参加は8,000円)
*できる限り事前登録をお願いします。当日も受け付けますが、定員になり次第締め切ります。
*事前登録締め切り日:8月17日(金)
宿泊案内 斡旋は致しませんので各自でご予約をお願いします。
お問い合わせ 学術総会事務局
大阪市立大学・大学院生活科学研究科
第39回日本食品微生物学会学術総会事務局
担当:溝渕淳子(事務担当)、中台枝里子、西川禎一
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
E-mail:jsfm2018_at_life.osaka-cu.ac.jp(_at_を @ に変えて下さい) Fax:06-6605-2910
お問い合せはできるだけE-mailあるいはFaxによりお願いします。
Tel:06-6605-2800(溝渕)、06-6605-2856(中台)、06-6605-2910(西川)

平成30年のセミナー開催日程

第50回日本食品微生物学会学術セミナー(大分)開催のご案内
『ジビエの衛生』
開催日時 平成30年12月21日(金)13:10 ~ 17:00(受付開始 12:30から)
開催場所

大分銀行 宗麟館 大会議室(5階) 大分市東大道1丁目9-1
TEL:097-543-1113

アクセス

JR大分駅「上野の森口」(南口)から「大分いこいの道」に沿って南に徒歩3分

大分銀行宗麟館の駐車場はご利用できません。お近くの有料駐車場、もしくは、公共交通機関をご利用ください。

参加費 無料
参加定員 100名(先着)
参加申込み方法 別添の「参加申込書」にご記入のうえ、電子メールまたはFAXでお申し込みください。
参加申込書のダウンロード
参加申込み先 第50回日本食品微生物学会学術セミナー事務局
(大分県衛生環境研究センター内)
E-mail:a13002@pref.oita.lg.jp
FAX:097-554-8987
参加申込み受付期間 平成30年9月3日から平成30年11月末日まで
講演内容
演題1
ジビエに潜むリスクと機会
宮本敬久 先生(九州大学大学院 農学研究院生命機能科学部門・大学院生物資源環境科学府 食料化学工学講座 教授)
演題2
野生鳥獣を狩る人、食べる人、それぞれが注意するべきこと
宇根 有美 先生(岡山理科大学 獣医学部獣医学科 病理学教室 教授)
演題3
野生鳥獣保有病原体のリスクマネジメント
小野文子 先生(岡山理科大学 獣医学部獣医保健看護学科 准教授)
演題4
野生鳥獣肉の衛生管理
森田幸雄 先生(東京家政大学 家政学部栄養学科 教授)
演題5
野生鳥獣肉の利・活用
長田富士子 先生(狩女の会 会長)
後援 大分県
お問合せ先
大分県衛生環境研究センター微生物担当
成松 浩志(TEL 097-554-8984)
公益社団法人 大分県薬剤師会検査センター
緒方喜久代(TEL 097-544-4400)
チラシ チラシのダウンロード
ポスター ポスターのダウンロード
第49回日本食品微生物学会学術セミナー(札幌)開催のご案内
― HACCP制度化に向けた産・官・学の取り組みの現状―
共催 生活協同組合コープさっぽろ・(一社)新日本スーパーマーケット協会
開催日時 平成30年5月11日(金)13:00~17:40(12時10分受付開始)
開催場所

北海道大学学術交流会館
札幌市北区北8条西5丁目
TEL:011-706-2042

 

アクセス

参加費 3,000円 ※1(事前振込み)
(セミナー参加定員300名,受付は先着順とし定員となり次第締切ります。)
交流会参加費 5,000円 ※2(事前振込み)
(交流会参加定員50名,受付は先着順とし定員となり次第締切ります。)
参加申込方法
2次元バーコード
以下のURLあるいは右の二次元バーコードから参加登録サイトにアクセスしてご登録お願いいたします。
https://goo.gl/forms/HePHzEh6EDFQgdz93
12は振込先(登録サイトに記載)へ事前振込をお願いします。
プログラム
12:10~
受付開始
13:00~
開会挨拶
講演内容
13:05~13:20
コープさっぽろの食の安全・安心への取り組み
生活協同組合 コープさっぽろ 理事長 大見 英明 先生
13:20~14:35
小売業での食品販売及び店内加工の衛生管理手引書
エコア(株)代表取締役 宮澤 公栄 先生
(新日本スーパーマーケット協会 商品安全技術専門会議 副委員長)
14:35~15:45
予測微生物学のHACCPへの適用
北海道大学大学院農学研究院 准教授 小関 成樹 先生
15:45~16:00
休憩
16:00~17:00
HACCP制度化に向けた進捗状況(仮)
農林水産省 and厚生労働省 ご担当者
17:00~17:10
閉会挨拶 代表世話人 小関 成樹 (北海道大学)
17:10~17:40
名刺交換会
18:00~20:00
交流会(北大内 レストランエルム)
チラシ チラシのダウンロード

平成30年の共催セミナー開催日程

ifia JAPAN 2018食の安全・科学フォーラム 第17回セミナー&国際シンポジウム
東京オリンピック・パラリンピックに向けた食品のトータルな安全管理
Mission of Food Safety for TOKYO 2020
主催 日本食品微生物学会・日本食品衛生学会・日本食品化学学会
共催 JETRO、食品産業センター、日本食品衛生協会、食品化学新聞社
日時 平成30年5月16日(水) 10時00分~16時50分(受付開始9時30分)
場所 東京ビッグサイト 会議棟6階605・606
定員 250名(事前申し込み締め切り 5月7日)
受講料
事前申し込み(主催学会・共催団体会員)*弁当付き
9,500円
事前半日(午前または午後)(主催学会・共催団体会員)
6,000円
事前申し込み一般 *弁当付き
14,000円
事前半日(午前または午後)
8,000円
当日申し込み(会員割引なし)
18,000円
プログラム(予定)
10:00-10:02
総合司会挨拶
日本食品衛生学会代表 宮下 隆 氏
10:02-10:05
主催者代表挨拶
日本食品化学学会代表 穐山 浩 氏
第一部 フードテロ対策の国際動向(質疑応答は随時)

座長 国立医薬品食品衛生研究所 穐山 浩 氏

10:05-10:35
FDAのフードテロ対策と米国食品安全強化法(FSMA)(仮)
NPO法人 バイオメディカルサイエンス研究会 江藤 諮 氏
10:35-11:05
オリンピック・パラリンピックに向けた食品防御
農林水産省消費・安全局 永田 一穂 氏
11:05-12:05
ロンドンオリンピックに学ぶフードテロ対策(仮)*逐次訳
英国食品基準庁  ジェニファー・モリス 氏
 
昼休み(事前全日申し込み者弁当有)
*東1,2ホール展示場にお寄りください。
第二部 オリンピック・パラリンピックを見据えた現場の食品安全対策

座長 食品産業センター 富松 徹 氏

13:30-14:20
HACCP制度化の動向と日本食品衛生協会の取組
公益社団法人 日本食品衛生協会 桑崎 俊昭 氏
休憩
14:30-15:10
小売業における食品安全対策について
イオンリテール(株) 岸 克樹 氏
15:10-15:50
マルハニチログループのフードディフェンスの取り組み
マルハニチロ(株) 中原 千秋 氏
15:50-16:30
食中毒事例での発生要因解析から見える食中毒防止対策
国立医薬品食品衛生研究所 工藤 由起子 氏
16:30-16:40
質疑応答 午後の部
16:40-16:50
閉会挨拶 
日本食品微生物学会代表 工藤 由起子 氏
お申し込み http://www.ifiajapan.com
お問い合わせ事務局 (株)食品化学新聞社 今立、森下 TEL 03-3238-7828

平成30年の他団体主催セミナー開催日程

第54回日本食品照射研究協議会教育講演会/研究発表会
期日 平成30年11月20日(火)
会場 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター本部 5F 531 会議室
(東京都江東区青海2-4-10)
交通 ゆりかもめ「テレコムセンター」駅前
主催 日本食品照射研究協議会
共催 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
スケジュール
10:45~
役員受付(5F 531 会議室)
11:00~12:00
役員会(5F 531 会議室)
12:00~13:00
休憩
13:00~
受付(5F 531 会議室 入口)
13:30~13:50
会員総会
14:00~
挨拶
 木下稔夫(都立産業技術研究センター 第二開発部長)
14:10~
講演 食品照射の世界的状況 (予定)
 Mr. Yves M. Henon
  国際放射線協会(iia)コサンルタント (元国際原子力機関(IAEA))
15:40~
休憩
16:00~17:00
研究発表
17:30~19:00
情報交換会(5階食堂)
参加費
教育講演/研究発表会
2,000円(一律)
情報交換会
3,000円
申込方法 氏名、所属先名、情報交換会の出欠をメールにて当事務局までお知らせください
その他
(1)
参加費は当日、受付にてお支払いください。
(2)
お申込みをもって出席とさせていただきますので、当日は直接会場にお越しください。
なお、出欠等に変更がありました時は、必ずご連絡くださいますようお願いいたします。
(3)
大会の詳細につきましては、協議会ホームページ にてご確認ください。
事情により、内容を一部変更する場合もありますのでご了解願います。
申込期間 平成30年10月1日(月)~平成30年11月2日(金)
申込連絡先 日本食品照射研究協議会事務局  E-mail jrafi@naro.affrc.go.jp
2018年度日本乳酸菌学会 秋期セミナー
開催日 2018年11月16日(金)セミナー:10:00~17:45、情報交換会:18:00~20:00
会場 京都大学 百周年時計台記念館 国際交流ホール
テーマ 「乳酸菌研究を進めるにあたって:問題解決のためのヒント」
参加費 会員4,000円、非会員6,000円、学生 無料(要学生証提示)
賛助会員様につきましては、1口につき1名を無料でご招待させていただきます。
招待券を郵送しますので、当日会場にお持ちください。
情報交換会費:一般 5,000円、学生 1,000円
問合せ先 ご不明な点につきましては、事務局までお問い合わせください。

秋期セミナー事務局
 北海道大学大学院農学研究院 基盤研究部門 微生物生理学研究室
 吹谷 智 E-mail: seminar@jslab.jp
 *迷惑メール防止のため、@「アットマーク」が全角になっていますので、半角にして送付をお願いします。

詳しくはこちら
http://www.jslab.jp/contents/conference/2018/09/2018-2.html
日本食品化学学会第34回食品化学シンポジウム「食品行政を巡る諸課題とその動向について」
日時 2018年11月1日(木) 13:15-17:00
場所 日本薬学会長井記念ホール
定員 200名/事前登録にて受付し、定員になり次第、受付終了と致します。
プログラム(予定)
13:15
世話人挨拶 井上健夫 (三栄源エフ・エフ・アイ株式会社)

<座長> 穐山 浩(国立医薬品食品衛生研究所食品部長)

13:20~13:50
講演① 食品安全の現状と課題 (仮題)/30分
(前)内閣府食品安全委員会委員 山添 康
13:50~14:20
講演② いわゆる健康食品をめぐる課題について(仮題) /30分
厚生労働省医薬・生活衛生局食品基準審査課 新開発食品保健対策室長 森田剛史

<座長> 鰐渕英機(大阪市立大学大学院医学研究科教授)

14:20~14:50
講演③ 食品添加物のリスク評価について/30分
東京農業大学応用生物科学部食品安全健康科学科教授 中江 大
14:50~15:20
講演④ 器具・容器包装のPL 化について(仮題)/30分
国立医薬品食品衛生研究所食品添加物部第三室長 六鹿元雄

(休憩 15:20~15:40)

<座長> 井上健夫(三栄源エフ・エフ・アイ株式会社取締役常務執行役員)

15:40~16:20
講演⑤ 食品表示の現状と課題/40分
消費者庁食品表示企画課長 赤崎暢彦
16:20~17:00
講演⑥ 農林水産物・食品の輸出促進について(仮題)/40分
農林水産省食料産業局輸出促進課長 横島直彦
17:00
閉会挨拶 今井田克己(日本食品化学学会理事長、香川大学医学部教授)
17:15
名刺交換会※
参加費 当日支払のみ/会員(個人・団体)3,000円、非会員5,000円、学生 無料
※名刺交換会1,000円(50名程度、シンポジウム参加者のみ)
主催 日本食品化学学会
協賛(予定) 日本食品科学工学会、日本食品衛生学会、日本食品微生物学会、表示・起源分析技術研究懇談会
申込み 本学会HPの「登録・お問合せ」画面よりお申込ください(名刺交換会に参加ご希望の方は、備考欄にその旨ご記入をお願いいたします)。
チラシ チラシのダウンロード
フード・フォラム・つくばフードセーフティ分科会講演会
「HACCP制度化対応における現場での悩みと実状」
期日 平成30年10月19日(金)13時20分~16時50分
会場 文部科学省 研究交流センター 国際会議場
(〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-20-5) 
参加費 講演会:無料 交流会:4.000円
主催 フード・フォラム・つくば http://www.fft.gr.jp
共催 農研機構 食品研究部門
プログラム
13:20~13:30
挨拶
13:30~14:50
講演1.
「HACCP構築、運用時の悩み ― 食品衛生監視員からの視点 ー」
塚下 和彦 氏(横浜市泉区福祉保健センター 生活衛生課 食品衛生監視員)
14:50~16:10
講演2.
「従業員管理の悩み ― 衛生コンサルタントが見た理想と現実 ー 」
山下 賢治 氏(有限会社 四国サニタ 技術部長)
16:10~16:30
休憩
16:30~16:50
パネルディスカッション
コーディネーター
立石 亘 氏(株式会社 食品化学新聞社)
川崎 晋 氏(農研機構 食品研究部門 食品衛生ユニット)
17:30~19:30
交流会
申込み方法 所属先名、氏名、交流会の出欠をメールにて事務局までお知らせ下さい。
申込み連絡先 フード・フォラム・つくば事務局 E-mail fft@ml.affrc.go.jp
チラシ チラシのダウンロードはこちら
国立遺伝学研究所 国際ワークショップ「タイ遺伝資源の取得と利用」
日時 2018年10月9日(火)13:00~16:00 (12:30 開場)
会場 コンベンションルームAP東京駅八重洲通り 12階F+Gルーム(東京都中央区
京橋1-10-7 KPP八重洲ビル)
講演者 Dr. Tanit Changthavorn
     Deputy Director General, BIodiversity-Based Economy Development
     Office (BEDO)
Prof. Sansanee Chaiyaroj
     Professor of Microbiology, Faculty of Science, Mahidol University
Ms. Patcharin Sawangwan
     Officer, BEDO
同時通訳有 講演は、英語・日本語で行います。
定員 50名程度(参加無料)
参加には事前申し込みが必要になります。(以下HPよりお申し込みください。)
    〈HP〉idenshigen.jp
第22回腸内細菌学会「宿主-腸内細菌相互作用―双方向制御の分子メカニズムに迫る―」
会期 2018年5月31日(木)~6月1日(金)
会場 タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4-1-1)
大会長 大野 博司(理化学研究所)
参加費 会員 6,000円  一般 8,000円      学生 1,500円(事前登録)
会員 8,000円  一般 10,000円  学生 2,000円(当日登録)
参加事前登録 平成30年3月1日(木)~5月2日(水)
大会URL http://bifidus-fund.jp/meeting/index.shtml
お問合わせ 公益財団法人日本ビフィズス菌センター事務局
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-12
TEL: 03-5319-2669 FAX: 03-5978-4068 e-mail: jbf@ipec-pub.co.jp
詳しくはこちら
第53回 日本食品照射研究協議会 教育講演会/研究発表会のご案内
期日 平成30年1月23日(火)
会場 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター本部 東京イノベーションハブ
(東京都江東区青海2-4-10)
交通 ゆりかもめ「テレコムセンター」駅前
主催 日本食品照射研究協議会 
共催 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
スケジュール
10:45~
役員受付(イノベーションハブ)
11:00~12:00
役員会(イノベーションハブ)
12:00~13:00
休憩
13:00~
受付 (1階総合受付横)
 
13:30~13:50
会員総会
14:00~
挨拶(都立産業技術研究センター)
14:10~
講演 放射線技術が食のためにできる3つ目のこと
- RIイメージングによる「核農学」 -
 藤巻 秀((国研)量子科学技術研究開発機構 経営企画部 上席研究員)
15:50~
情報提供 照射食品に関する国際研究プロジェクト(CRPD61024)
 亀谷 宏美((国研)農研機構 食品研究部門 主任研究員)
16:15~17:15
研究発表
17:30~19:00
情報交換会(5階食堂)
参加費
教育講演/研究発表会
2,000円(一律)
情報交換会
3,000円
申込方法 氏名、所属先名、情報交換会の出欠をメールにて当事務局までお知らせください。
その他
  • (1)参加費は当日、受付にてお支払いください。
  • (2)お申込みをもって出席とさせていただきますので、当日は直接会場にお越しください。
    なお、出欠等に変更がありました時は、必ずご連絡くださいますようお願いいたします。
  • (3)大会の詳細につきましては、協議会ホームページ(http://www.jrafi.jp)にてご確認ください。
    事情により、内容を一部変更する場合もありますのでご了解願います。
申込期間 平成29年11月13日(月)~平成30年1月9日(月)
申込連絡先 日本食品照射研究協議会事務局  E-mail jrafi@naro.affrc.go.jp
過去の総会・セミナー開催実績